FC2ブログ




世界規模のコロナウィルス騒動で、ライブハウスから集団感染なんて話聞くと音楽好きの身としては正直残念というか悲しい気分になってくる。今まで決まってた来日公演やイベントなんかは当然中止もしくは延期の形となる訳だけど、X JAPANのYOSHIKIさんがコメントした「命を大切に」という言葉が本当に一番大切な事で、まずはこの騒動が収束されない限りはライブやっても実際に楽しめないと思う。一日でも早く事態が収束される事を願いますね。そんな私は今鼻水が止まらなくて風邪引いたみたいですが...

で、今日のお題は久々にチープ・トリックを引っ張り出してきた。しかも人気に陰りが出たと言われる5thアルバム「ALL SHOOK UP」をチョイス。発表は1980年。

「AT BUDOKAN」で本国でもようやく認められてきて、前作「DREAM POLICE」までは順調に活動してきたのに、ここに来てプロデューサーのトム・ワーマンを降して代わりにビートルズとの仕事で有名なジョージ・マーティンを迎えた事が転機になったのかどうか分からないけど、このアルバムの出来映えはセールスとは関係なくかなり高いと思うんだけどなあ。大のビートルズ好きなメンバー達が彼等と仕事の経験があるプロデューサーと組む事はある意味必然だったと思うし、ちょうどこの時期ってリック・ニールセンとバン・E・カルロスがジョン・レノンとセッションやってた事も相成って、テンション上がりまくりの頃だから悪いモノが出来る訳ないハズなのにセールスを上げられなかったのはマジで悪い冗談としか思えない。

音のバランスもさすが経験豊富なプロデューサーのお陰でストレスを感じないし、もっとビートルズっぽいポップ寄りの音になると思いきや適度にヘヴィに感じられるので普通にロックアルバムとして聴けるのもまた良い。メロディの質も他のアルバムにも引けを取らないし如何にもチープ・トリックらしいアルバムなんだけど、強いていうなら「SURRENDER」や「DREAM POLICE」みたいな底抜けなポップフィーリングではないという事とオーヴァープロデュース気味な部分が敬遠された理由なのかな?と。

お気に入りはエフェクトの掛かったボーカルが印象的な「HIGH PRIEST OF RHYTHMIC NOISE」、少々古臭さも感じられるホンキートンクなピアノが活かしてる「I LOVE YOU HONEY BUT I HATE YOUR FRIENDS」、彼等にしては地味なバラードだけどギターソロが良い「WORLDS GREATEST LOVER」。
ボーナストラックに関しては、デモ音源はそれほどピンと来なかったけど「EVERYTHING WORKS IF YOU LET IT」(邦題:グッド・タイムズ・バッド・タイムズ)は小気味良いテンポで進む彼等ならではの佳曲で良曲かと。

このアルバムを最後にトム・ピーターソンが脱退しセールスが悪いお陰で地味な作品扱いになっているけど、次作でポップフィーリングを呼び戻した「ONE ON ONE」よりも良いアルバムだと思うけどなあ。幾分ハードでロックな部分を感じらえる方が彼等には合っていると思っているのでこの路線を数枚聴いてみたかっただけに勿体ないと思うのは私だけなんだろうか?このアルバムが好きな人って結構多いと思うんだけどなあ...


「HIGH PRIEST OF RHYTHMIC NOISE」


「EVERYTHING WORKS IF YOU LET IT」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RELAYER / YES (1974)

SAIL AWAY / GREAT WHITE (1994)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

チープ トリックは、、、

基本的に全部好きです
ということは、このアルバムも好きだと。
ポップだし、なんだかピコピコしてるイメージですけど、やっぱり好きです
http://takaoy1.blog.fc2.com/blog-entry-1586.html

2020年03月11日 13:10

comment avater

K.A.E.

チープ・トリックは何時、何処で聴いても気軽に聴けるスタイルが多いんで、忘れた頃に聴くとその良さがまた染みるんですよね。ポップなんだけど、このアルバムに関しては意外とハードロックしてる印象もあって何で売れなかったのか全く理解出来ません。もっと評価されるべきですよ!

2020年03月15日 04:12

comment avater

某音楽馬鹿

これは私は旧譜では最後から2番目くらいに買ったアルバムでした。
ちょうど会社の先輩でハードロック好きな人がいてこのアルバム持ってるっていう事でいわゆる不人気作で持ってないやつまとめてダビングさせてもらいました、で、聴いてみて「なんだ凄い良いじゃん!」ってことになってCDも買っちゃったと(ダビングさせてもらった意味ないし!)だから’90年代最後の方になってから通して聴きました。
買ってなかった理由は雑誌とかで駄作だの失敗作だのって読んでたからで、ハートの低迷期も含めて雑誌は信じちゃいかん!自分で聴かないと!って真剣に思いましたね。

2020年04月07日 23:30

comment avater

K.A.E.

凄くよく分かる話ですね。雑誌のレビューって勿論その通りという内容のモノもありますけど、駄作だの失敗作というのはやはり自分の耳で確かめないと分からないモノが多い気がします。このアルバムとかコラビモトリーとかグレンサバスとか、良いアルバムだってあるじゃん!と。

でも、そうやってダビングしてくれる人が周りにいると助かりますよね。私もロックTシャツ着てたからそこから話が繋がって、知らないバンドの音源聴かせてもらって知識を広げていったんで、こういう話は凄く共感出来ますよ。今ではYOUTUBEで全部調べられるから随分便利になりましたけど、人の輪が広がらないからそれだけは味気なくなっちゃいましたけどね。

このアルバムに限らず、エピックソニー時代のチープ・トリックのアルバムには(好みの違いはあれど)ハズレは無いと思います。ボックス買って正解でしたね!

2020年04月10日 03:19

コメントの投稿