FC2ブログ




暫くはCD控えなきゃ...と言ってる間にコロナパニックの影響でCD流通が少し滞ってる感じなので、私的にはお金使わなくて良いのだけど、さすがに普段の生活は少し不便になってきた感じかな。TVで煽ったお陰でスーパーが混雑って、震災の時の教訓を忘れているとしか思えない。店側は”在庫はあるから心配しないで”と言ってるにも関わず、だ。心に余裕がないのか、それとも買い占めて自分さえ良ければ良いという考えなのか分からないけど、ちょっとみっともないよなあ。

そんな事を思いながら、このアルバムを聴いてたら何故か今の現状にハマってるではないか!?と感心させたピンク・フロイドの通算8作目のオリジナルアルバム「ANIMALS」を今回はチョイス。発表は1977年。

ピンク・フロイドの音世界には常に難解のイメージが付きまとってるけど、歌詞に関して意外とストレートにぶつける人達の割りには珍しく、タイトル通り様々なスタイルの人間を動物に喩えて歌詞に盛り込んで伝えたい意味を当てはめるという面白い手法を取っているのがポイント。因みに犬=野心を持ったエリートビジネスマン、豚=下衆な資本家や支配層、羊=労働階級者という図式になっているのだけど、それぞれに独立した楽曲があって計5曲という構成になっている。

それぞれの主張が各曲で語られているのだけど、風刺が効いてるのがこのバンドの面白いトコでそのイメージ通り聴いてみると楽しみも倍増する様な趣きでさすがの一言。前作が内省的で美しい音だったのに対し、今作は結構ハードな音作りなのも対照的かと。前2作が代表作に挙げられているのでどうしても影の薄い作品になりがちだけど、いやいやとんでもない作品ですよコレは。
「DOG」「PIG」「SHEEP」どの楽曲も構成が素晴らしく、私的には「SHEEP」が一番好きかな。

私自身、ピンク・フロイドはそれほどハマってる訳ではなく気に入った作品をじっくり聴くのが好きなんだけど、このアルバムは全体的にかなり好きなタイプで今までレビューしてきた「狂気」「炎」とこのアルバムだけで十分じゃないかとすら思った。他のアルバムはYOUTUBEでフルで聴いても余りピンと来ないんですよね。まあ以前umeサンにお薦めされた「対」はいずれ買おうと思いますが...

しかし、今の現代社会においてもこのアルバムがハマってしまう世の中って、昔から何一つ変わってないという事なんだろうか?さすが着眼点が鋭いバンドですなあ。


「ANIMALS」全曲
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

IT HAPPENED ONE NIGHT / IT BITES (2011)

LIVE TOUR 2017 at 日本武道館 / REBECCA (2017)

comment iconコメント

comment avater

グラハムボネ太郎

とても好きなアルバムです

まあ基本的には『原子心母』以降は全部好きなんですけどね(笑)
このアルバムは、夜に、しかも寝る時に聴くアルバムでした。今でもそれは変わりません

2020年03月29日 13:37

comment avater

K.A.E.

「狂気」「炎」、そしてベスト盤しか持ってないんで次に...とYOUTUBEで色々聴いた結果このアルバムに手を出した訳ですが、これは彼等のアルバムの中で結構好きなタイプです。他にも「原子心母」や「おせっかい」「ザ・ウォール」なんかも聴いてみたんですが、正直言ってそれほどピンと来る訳ではなかったので、私にとってピンク・フロイドは全てが良いという訳ではなさそうですね。

2020年04月02日 03:09

comment avater

某音楽馬鹿

CDやアナログ盤に関しては海外発送の注文が確かに遅れてますね、いつもより3〜4週間遅れとか・・・業者に問い合わせたら「税関か検疫で時間食ってるんであと2週間くらい様子見てくれ、すまん!」って雑な英語で回答ありました(笑)
プラスチックなどのケースに付いたコロナはしばらく生きてるらしいので最近届いたのは念の為アルコールで拭いてから開封してます。
あと、暇を持て余したミュージシャン達が動画上げ始めてるのでそれを見るのも楽しいです。

ピンク・フロイドはこの前ツイッターでStayHome!ってことで「炎」のジャケパロってました。
このバンドは(今までの私の言動から察しはついてると思うけど)個人的にはロジャー・ウォーターズさんじゃなくてデイヴ・ギルモアさんが大好きなのでギターを中心に聴いてて、アルバムの好みだとロジャーさんの色が強く出た「ウォール」や「ファイナルカット」は優先順位が後の方になってて(嫌いなわけじゃないです!)、「炎」「鬱」「対」が好き過ぎるというちょっと偏ったファンです。
この「アニマルズ」は両方のバランスが良くて結構好きですよ、ギルモアさんのギターも泣きが凄いですよね〜。

2020年04月07日 21:19

comment avater

UME

原子心母以降はファイナルカットを除いて全部好きです。
特に好きなのは炎、鬱、ウォール、対ですね。
いずれにせよアニマルズも名盤だと思います。

2020年04月08日 19:43

comment avater

K.A.E.

しかしコロナパニックのお陰で生活が激変しましたね。今まで当たり前にやってた事が自粛のお陰で何も出来ないし、普通通りの生活なら死に直結する可能性だってある訳ですから堪ったモンじゃないですよ。ジムにも行けない、温泉にも行けない、行くのは食材買いにスーパー行くだけ。CDだって今のマケプレは怖くて使えないですよね。今のトコはプリンスのBOXセット予約してるけど、高い国内盤に切り替えようかと思ってます。早く収束してくれる事を祈るのみです。

しかし某音サンはギルモア派でしたか。umeサンがギルモア好きなのは知ってましたけど、某音サンはどちらかというとウォーターズの方かと思ってました。私はそこまで思い入れはないからどうとは言えませんけど、全部のアルバムが良いとは思えないのでライト層という事で。「THE WALL」は良い曲もありますけど、トータル的にはそれほど良いとは思えませんでしたね。
このアルバムに関しては、彼等にしては幾分分かりやすいスタイルになっているので凄く聴き易くて好きですね。

2020年04月10日 04:12

comment avater

K.A.E.

上のボネ太郎サン同様に「原子心母」以降が好きというのが一般的なファンの評価なんですかね?
「対」は以前umeサンに薦められてからずっと気になってるんですが、このバンドってその気にならないと聴く気分にならないので購入が遅れてる理由です。このアルバムだって「聴きたい」と思ったのでようやく購入したので、そのウチお金に余裕がある時にでも気分が高まったら「対」は購入してみたいと思ってます。

2020年04月10日 04:18

コメントの投稿