FC2ブログ




こう毎日が閉鎖的な気分の時に聴く音楽というのは、結局自分の気分次第で聴くモノが多いので大体はパターンが決まってしまうモノだけど、今日は休日でゆっくりしてたから気分的に余裕があったのでなかなか手に取らないアルバムを聴こう...という事で、ホントに久々にこのアルバムを引っ張り出してきた。久々過ぎてCDの白い部分が汚れてるし(苦笑)。スティングのソロ3作目となる「THE SOUL CAGES」を今回はチョイス。発表は1991年。

スティングはポリス時代からずっとファンで、前作「NOTHING LIKE THE SUN」まではリリース当日に必ずアルバムを手に入れて聴いてた程大好きだったんだけど、このアルバムを聴いて少し距離を置く事になった。勿論、彼が作る音楽はクオリティが高いし耳に引っ掛かる部分は必ずあるのだけど、このアルバムをリリース時に聴いた時はどういう訳か余り受け付けなかった。
前作の制作時にスティングの母親が亡くなってしまい、その半年後には今度は父親を亡くしてしまうという不運に見舞われた事も影響してか、このアルバムでは暗くその影が重くのしかかっているイメージがあるので、素直に聴いて楽しむという感覚が感じられないのが取っ付き辛い印象を与えているんだと思う。

さすがに第一弾シングルとなった「ALL THIS TIME」では明るくポジティヴなイメージが先行しているけど、何処か寂しさを感じさせるメロディはそういう制作時の話を知ってしまうとやはり影響されているのかな?と勘ぐってしまう。また冒頭の「ISLAND OF SOULS」が落ち着き払った厳粛な雰囲気で朗々と歌い上げる感じなので、それが全体的なトーンを地味に演出してる感覚がある。美しい曲なのは間違いないんだけど、そう気楽に聴く雰囲気にはならないのがこのアルバムを聴く事を遠ざけている原因なのかも。

「MAD ABOUT YOU」や「WHY SHOULD I CRY FOR YOU」はシングルカットされたので聴き易い感じだけど、今回久しぶりに聴いて「JEREMIAH BLUES」や「THE WILD WILD SEA」の素晴らしさに気付かされた。前作みたいにジャズ寄りのアプローチではなく、その後のスティングの音楽性を確立したスタイルなので、このアルバムからバンドに参加したギタリストのドミニク・ミラーの功績もあるのだろう。

前回聴いたのが何時だったのか分からないくらい相当前に聴いたので、今回久しぶりに聴いて地味だという評価は変わらないけどこんなに良いアルバムだったのかと改めて感じた。当時の洋楽を聴いてた仲間に、私が幾らスティングのファンでもこのアルバムは苦手だと言ったら、その人は逆に大好きなアルバムと答えていたなあ。
まあ当時の私は20代前半でHM/HR系にどっぷり浸かっていた頃だし、自分の想像していたイメージからかけ離れてたアルバムだったから苦手という評価になったのだろうけど、今になって理解出来たのはやっぱそれなりに歳を取って感性が大分変わってきた証拠なんだと思う。このアルバムに限らず今の年齢だからこそ受け入れられるアルバムって、探せば結構出てきそうだよなあ...


「ALL THIS TIME」


「WHY SHOULD I CRY FOR YOU」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIVE FROM CADOGAN HALL / MARILLION (2011)

LOW / DAVID BOWIE (1977)

comment iconコメント

コメントの投稿