FC2ブログ



最近は、家⇔仕事⇔スーパー⇔実家というローテーションなんで、楽しみという楽しみが殆ど見い出せない。
まあ今は誰しもそんな感じの毎日なんだろうけど、私は元々夜勤生活なんで休日の夜中に何をするか?という事になるとTVゲーム・映画・音楽・ネットの4つくらいしか選択肢がない。日中だとこれにスポーツジムか温泉かドライブという感じになるので、この3つが抜けた今は結構ストレスが貯まっている。だから、小さな事に楽しみを見出すには素直に感動出来るモノに依存するのが一番かと。

そんな事を願いながら、私の大好きなマリリオンのライブ盤がディスクユニオンのネットショップにて安値で売られてたので捕獲したので、今回のお題は彼等の2011年に発表された「LIVE FROM CADOGAN HALL」をチョイス。ディスクユニオンのネットショップにてブルーレイ+CD2枚組の国内盤未開封品が¥2300。半額以下だったのでお得でした。

彼等のファンならご存じの通り、彼等のオフィシャルサイトにてライブ盤や映像作品はホントに数多く存在してるのだけど、全てを揃えるにはまず不可能なので、手に入れられるモノで興味があるモノだけは手に入れようと思い、これまで少しづつ取り上げてきたけど、このライブ盤は珍しく国内盤で発売されたうちの一つ。
以前レビューした「OUT OF THE BOX」ではマリリオン・ウィークエンドでのライブ、「ALL ONE TONIGHT」ではバンド+ストリングカルテットの変則ライブと日本では観られないスタイルだったけど、このライブではこれまた日本では観られないアコースティックライブの模様を収めた作品となっている。

前半は2009年にリリースされたアコースティックにて編曲された楽曲集「LESS IS MORE」から抜粋、後半はアルバムから漏れた楽曲をプレイしているので「LESS IS MORE」では聴けなかった楽曲がライブでアレンジされて聴けるのがこの作品の最大のポイントかと。
私はまだ「LESS IS MORE」のCDは持っていないのだけど、このブルーレイには音源として「LESS IS MORE」のハイレゾ音源が収録されているのも嬉しい。ウチの安物のブルーレイプレイヤーでも十分過ぎる程の綺麗な音ですね。でも、せっかくライブ映像があるから映像と合わせて聴くのがベストかな。

アコースティックセットという事で会場も「ALL ONE TONGHT」で使ったロイヤル・アルバート・ホールみたいなクラシカルな雰囲気のカドガンホールが楽曲のイメージにピッタリ、従来のライブセットとは違うシンプルなスタイルなので観客との距離感が近くアットホーム的な雰囲気が心地良く感じられる。バックスクリーンの映像やギミックなどは一切無いのでメンバー達もリラックスした雰囲気で楽曲に集中している感じに見える。

「LESS IS MORE」からの楽曲は比較的マイナーな楽曲から選曲されているので、新たなアレンジが加えられると新鮮すぎて新曲聴いてる様な錯覚すら覚えるけど(笑)後半の彼等の代表曲である「EASTER」「YOU'RE GONE」「BEAUTIFUL」をこうしたアレンジで聴くと更に楽曲の良さが際立っている印象を受けた。観客もその辺は分かっているみたいで、曲の出だしを歌うだけで「おおっ」となるのはバンドの楽曲が観客に浸透している証拠なのだろう。

アコースティックを退屈と思う人はイマイチなのかも知れないけど、バンドのファンであるなら彼等の新たな一面が観られるので十分楽しめると思う。こういうライブを素直に楽しめる様になったのは歳食ったせいなのか分からないけど(苦笑)静かな夜中にじっくり聴き込むには十分楽しめた。最近、こういうご時世なので心が荒んでいる感じだったのがこの作品のお陰で少し洗い流された気分すら覚える。英国はもっとマリリオンを評価しても良いと思うよ、ホントに。


「GO!」


「THIS TRAIN IS MY LIFE」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FLYING IN A BLUE DREAM / JOE SATRIANI (1989)

THE SOUL CAGES / STING (1991)

comment iconコメント

comment avater

UME

たぶんこのライブ版は持ってないかも?
一時期マリリオンのライブを買い過ぎて何を持っているか分からなくなってます。
DVDはなかなか見る機会がなくて押し入れの中ですし汗
マリリオンのアコースティツクは最高です!!
このライブの前にリリースされたものを見て心から感動しました。
楽器一つ一つの音が美しいです。
世界一安心する音楽、それが私にとってのマリリオンです。

余談ですが、先日子供のアンパンマンのピアノで、適当にラベンダーを弾いて歌ったら、下手くそと家族からブーイングでした涙

2020年04月23日 00:50

comment avater

K.A.E.

ホントにライブ盤やら映像作品が多いですよね(苦笑)。
以前umeサンのブログに書かれてたアコースティックのライブDVDの事ですかね?あのDVDは既に廃盤になっているから手に入れられないですが「DRY LAND」「GO!」の映像はYOUTUBEで観られますね。この頃のMr.hはまだ声が割れる前の頃なんで印象がまた違うんですよね。

この「LIVE FROM CADOGAN HALL」はアレンジがまた違うので結構面白いんですが、疲れた時とか何も考えたくない様な時に流しておくと心を掴まされる感覚がありますね。ホント良い作品ですよ。

しかし「LAVENDER」ですか。「THE HOLLOW MAN」とかだったらお子さんとか怖くて泣き出しそうですよね(苦笑)。

2020年04月26日 02:21

コメントの投稿