FC2ブログ




こうも何処にも出掛けないのにお金が貯まらないのは一体何故?...って、こういうモノばっか買ってるからだろっ!ってな事で(笑)またもやらかしてしまいました。

そもそも、事の始まりはワーズレコードからの半額セールのお知らせメールで、色々探ってたら2~3枚欲しいモノがあってさて清算...となった時に何故か一点だけが半額値引きになってない。仕方ないからメールにて質問したトコ、その商品は半額セールには該当しないという事で(でも最初はちゃんとその対象品にはなってたので、途中で変えたのだろう)一度はその商品を抜いて清算しようと思ったけど、やっぱコレが欲しいなあ~という事でセール品を省いてこれ一点だけを購入したと。それが今回のお題であるギター和尚:ジョー・サトリアーニの15枚組BOXセット。
そりゃ¥1万超えの商品が半額なら相当なお買い得品になるなあ~と喜んでたんだけど、それでも値引きは無くとも1枚¥750くらいで買えてしまうのは良いなあ~と購入を決めた訳で、ワーズレコードから購入だと2015年発表の「SHOCKWAVE SUPERNOVA」の国内盤も付いてくるので更にお得。ここ最近の2作は既に輸入盤で手に入れてたので、これで彼のスタジオ盤はコンプ完了。

そんな訳で、今回は彼の3作目にあたる「FLYING IN A BLUE DREAM」をチョイス。発表は1989年でした。

そもそも何でこのアルバムなのか?というと、彼のアルバムを一番初めに買ったのがこのアルバムなんで思い入れが強いから。
前作の「SURFING WITH THE ALIEN」が大ヒットを記録して一躍有名になった訳だけど、私はその時期はそれほど詳しい訳ではなく、彼の弟子であるスティーヴ・ヴァイが事ある毎にサトリアーニの話を出していたので、その師匠が一体どんな音を出すのか興味があってこのアルバムを購入したと。

でも当時はそのヴァイの「PASSION AND WARFARE」を聴いた後に購入したので、このアルバムで聴ける音は完成度も高いしさすがヴァイの師匠だけあってプレイも素晴らしいんだけど、何処か優等生的な世界でそれほどのめり込めなかった。ヴァイの様な派手でエキセントリックな雰囲気は感じられず、もっと意表を突く音世界を期待してた私は何時の間にか聴かなくなってしまった。

で、こうして何十年振りに改めて聴いてみると全然良いではないか。単に当時はヴァイみたいな音世界を期待していただけで、それをサトリアーニに期待してただけの話だったと。ちょっとフュージョン風なノリのタイトル曲から始まって、色んなスタイルの音楽性を独自のフィルターを通して自分の色に染め上げるといった感覚で、アルバム1枚の中に色んなモノが詰まってる感じ。
ただ、一つだけ苦言があるのは、彼がボーカル務める楽曲が幾つかあるのだけど正直蛇足だと思う。ギタリストとしての才能は十分発揮されているのに、ボーカルが足を引っ張ってる印象を受けるのだ。後に彼はこの辺に気付いたのか、このアルバム以降は徐々に自身のボーカルの比率を少なくしてきたけど。

彼が音楽シーンに出てきた当時はテクニカルギタリストの最盛期で、彼やヴァイの他にもレーサーXで名を馳せてたポール・ギルバートを始め、ヴィニー・ムーアやジョーイ・タフォーラ、マイケル・リー・ファーキンスやマイケル・アンジェロ、そしてジェイソン・ベッカーやマーティー・フリードマンなど数多くのギタリストが存在してたけど、サトリアーニの凄いトコは最初っからギタリストであると同時に自身のコンポーザーとして能力に長けていた事だと思う。だからこそ今まで長い間活動を続けていられるんだろうなあ。

そんな彼ももう60歳を超えてしまい、それこそ”和尚”という言葉にも説得力が増している感じだけど、クールな存在である事は昔から何一つ変わっていない。チキンフットの方の活動は最近全く聞かなくなってしまったけど、新作を聴く限りまだまだ表現したい事が沢山ありそうだし、まだまだリスナーを楽しませてくれそうですな。


「FLYING IN A BLUE DREAM」


「BACK TO SHALLA-BAL」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

INFINITE / DEEP PURPLE (2017)

LIVE FROM CADOGAN HALL / MARILLION (2011)

comment iconコメント

comment avater

UME

最近インストものが好きでよく聴いてます。
その中でお気に入りはジョー・サトリアーニとヴィニー・ムーア。
サトリアーニは曲のメロディがよく聴いてて飽きないです。
ヴィニーはギタープレイが素晴らしいです。
2人とも最近のアルバムを聴いているので、このアルバムも含めて過去のアルバムを
聴いてみようと思います。

2020年05月02日 20:17

comment avater

UME

このアルバム聴いてみました。
なかなか良かったです。
最近のアルバムよりテクニック志向で曲もバラエティ豊かですね。
歌物も私は結構良かったですよ汗

2020年05月03日 16:53

comment avater

K.A.E.

ギターインストってハマると聴き続けるんですが、メロディが良くないと飽きてしまうんですよね。80年代の早弾きギタリストのアルバムなんて大半がキビしいモノですけど、ジョー和尚とかヴァイみたいに今の時代に残ってる人達はやはり別格だと思います。
ヴィニー・ムーアも初期はテクニカル志向でしたけど、UFOに加入した辺りから良いギター聴かせる感じになった気がしますね。
まだCD購入はしてないんですが、元デンジャー・デンジャーのアンディ・ティモンズなんかも結構良いギター弾いてますよね。そのうちアルバム聴いてみたいと思ってます。
https://www.youtube.com/watch?v=CoTGzy51IjA

このアルバムは聴き始めという事もあって今でも気に入ってますが、まだテクニカル路線の名残りが感じられますね。BOXセットもちょこちょこ聴いてるんですが、ブルージーな「JOE SATRIANI」アルバムが良い味出してて好きですね。

2020年05月05日 04:59

comment avater

UME

私は新しめのアルバムですが、「WHAT HAPPENS NEXT」が一番好きです。
グレン・ヒューズとチャドのリズム隊も良いです。
名曲「THUNDER HIGH ON THE MOUNTAIN」の存在も大きいですね。

2020年05月19日 22:23

comment avater

K.A.E.

「WHAT HAPPENS NEXT」も良いアルバムですよね。他のアルバムに比べて全体的にHR調ですが、見事にスリーピースがハマってる感じがします。
「THUNDER HIGH ON THE MOUNTAIN」も良い曲ですよね。私は「CHERRY BLOSSOMS」の浮遊感のあるバックにボトムの効いたリズムとヘヴィがギターが乗るという図式が最高に好きなんですよ。もう1枚くらいこのメンツでアルバム作って欲しいですよね。

2020年05月20日 02:06

コメントの投稿