FC2ブログ




元シカゴのビル・チャンプリン、現TOTOのジョセフ・ウィリアムス、そしてスウェーデン出身のギタリストであるピーター・フリーステットの3人からなるプロジェクト:チャンプリン・ウィリアムス・フリーステットの新作「CWF2」が遂にリリースされたので、前作が気に入った私は問答無用で購入しました。なので、今回はこのアルバムをチョイスします。

前作のリリースが2016年だから約4年振りのニューアルバムという事になるけど、思ったよりも時間が掛かったなあ~というのが第一印象。何故ならジョセフがTOTOの活動で忙しくしていたので足止めを喰らったというのが理由なんでしょう。

それはアルバムにも反映されてしまったみたいで、一聴した限りではジョセフの比率がかなり少なく感じた。元々存在感の強い人だから歌ってないパートがあるとそれだけで不在感を感じてしまうので、それを補うかの如く今回のアルバムでは元ドゥービー・ブラザースのマイケル・マクドナルドがゲストで1曲歌ってる。よくよく考えてみたらシカゴ+TOTO+ドゥービーというとんでもない組み合わせが実現という(笑)。ビッグマックとモスバーガーとワッパーを一緒に食べるといった感覚なんでしょうか?(貧弱な例えですいません)
他にはビル・チャンプリンの奥方タマラ・チャンプリンが1曲メインで歌っているのだけど、この人は元々バンドのバックコーラス担当なんでゲストというよりは身内といった感じなんでしょう。

全体的にはジョセフの色が少なくビルの色が濃いといった印象だけど、前作よりも楽曲の幅が若干広がった感じなので従来通りAORが好きな方達にも満足出来る内容かと。このアルバムの前にシングルのみでリリースされた「10 MILES」も収録されているし。

ただ、折角の2ndアルバムなのに使い回しがあるのが少々気になった。まずシカゴの大ヒット曲「LOOK AWAY」のカヴァー。元々ビルの楽曲なのでセルフカヴァー的なモノなんだろうけど、前作でも「AFTER THE LOVE HAS GONE」をカヴァーしてた事だし、このメンツでの新たな解釈という事で納得させた。
しかし、「SOMETIMES YOU WIN」は元々CWFの基盤となるウィリアムス/フリーステットからの楽曲、また前作からの楽曲「ALL THAT I WANT」...って、リリースからまだ10年も経ってないアルバムからのセルフリメイクとはこれ如何に?しかもボーナストラックにも同じウィリアムス/フリーステットから「LETTER TO GOD」のアンプラグドverが収録。
まあ良い曲なんでまだ救いがあるけど、もうちょっと何とかならなかったんだろうか?どーせならセルフカヴァーは「LOOK AWAY」だけにして後は新曲だけにして欲しかったのが本音。この点が凄く残念だ。

ジョセフはTOTOの活動が停止したので今後はこのプロジェクトに専念...と思いきや、スティーヴ・ルカサーのソロ作に誘われて自身のソロ作にも着手するらしく、ビルも自身のソロ作に専念という事らしいのでこのプロジェクトは暫くお預けになりそうだけど、そうなると時間はたっぷりある訳だから、是非とも次回作は全曲新作でお願いします(笑)。


「BETWEEN THE LINES」


「10 MILES」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SHAPESHIFTING / JOE SATRIANI (2020)

SYNCHRONIZED / FM (2020)

comment iconコメント

コメントの投稿