FC2ブログ




ちょっと前にジョー・サトリアーニのBOXセットを購入したお陰で、時間があれば彼の音楽を聴く様にしているけど(その間にも他ミュージシャンの新作リリースが続いてるので全部聴けてる訳ではないんだけど)基本インストアルバムなので、色々聴いてると何がどの曲でどのアルバムに入ってるのかがごちゃごちゃになってる(苦笑)。基本アルバム1枚を1日聴いてるけど、数日経つと「どのアルバムだっけ?」となって実に本末転倒な感じに...
でも、勿論気に入る曲もあるから「あの曲はあのアルバム」という風に覚えていれば問題なかろう...と思うけど、好きな楽曲を集めてCD-Rなんか作った日にゃまた訳が分からなくなるんだろうな、絶対に(笑)。
そんな事を思いながら、今年発表された通算17作目となるオリジナルアルバム「SHAPESHIFTING」を今回はチョイス。ジャケがカッコイイですなあ。

しかし17作も作っちゃってますか。まあジョー和尚も既に還暦過ぎて63歳という事で順調にキャリアを積んで、ミュージシャンとしては実に恵まれた活動を続けていると思うんですが、今回の新作を聴いて未だに現役感があって本人も常に進化しているという感覚を覚えましたね。初期の頃の様なテクニカルで速弾きではなく、楽曲を聴かせる為のプレイを心掛けているのが彼のプレイにもはっきり表れているんですよね。だからインストでも全然飽きない訳で。

いつもアルバム毎にバンドのメンバーを替えているけど、今回のメンバーはドラムにベテランのケニー・アロノフ(ジョン・メレンキャンプのバンドのメンバーで有名だけど、チキンフットでチャド・スミスがレッチリのツアーで不在の時に助っ人で来た事からの流れではないかと)と、ベースにジェーンズ・アディクションのクリス・チェイニーがメイン。毎回敏腕メンバーを揃えてくるけど、今回も相変わらず良い人選で納得。キーボードにマイク・ケネリーがいないのは残念だけど、意外なゲストに元ザ・レボリューションのリサ・コールマンが参加しているのは驚いた。プリンス関係からも引っ張ってくるのかよ?

今回のアルバムはジョー和尚が1980年当時に思い描いていたサウンドを現代に蘇らせようという試みで作られたらしい。機材とかも当時のモノまで引っ張り出したらしいけど、実際に聴いてみるとそこまでの懐古趣味ではなく十分今の時代にも通用する音世界となっている。タイトルには「NINETEEN EIGHTY」というモノがあるくらいだけど、ジョー和尚がコメントにも出した様にヴァン・ヘイレンっぽい雰囲気が感じられる。
この曲や「SPRITS,GHOSTS AND OUTLAWS」みたいな従来の彼のイメージに沿うモノもめっちゃカッコイイんだけど、私的にはちょっとニューウェイヴっぽい雰囲気の「ALL FOR LOVE」や「FALLING STAR」みたいに地味だけど妙に引き込まれる世界観に惹かれたな。彼のこういう部分が他のギタリストとは違う決定的なモノなのかも。

彼のインタビューをインターネットで検索して読んでみると「私は挑戦も失敗を恐れない」という言葉が出てきてなるほどなあ~と思った。アルバム毎に若干スタイルの違いはあるにせよ、気に入ったスタイルを貪欲に取り入れて自分の色に染め上げてしまうのは正に挑戦だと思うし、それで批判を浴びようが本人は失敗とは思わず前進と捉えてるらしい。このアルバムの最後にもカントリーっぽい雰囲気の楽曲で締めているし、その前はレゲエっぽい楽曲だったりする。イメージに捉われないで好き勝手に自分の赴くままにプレイする...実に芯のあるミュージシャンで非常にカッコイイじゃないですかあ~。


「NINETEEN EIGHTY」


「ALL FOR LOVE」
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ONE NIGHT ALONE...LIVE! / PRINCE & THE NEW POWER GENERATION (2002)

CWF2 / CHAMPLIN WILLIAMS FRIESTEDT (2020)

comment iconコメント

コメントの投稿