ライヴ・エイド・ハイライツ!-20 YEARS AGO TODAY [DVD]ライヴ・エイド・ハイライツ!-20 YEARS AGO TODAY [DVD]
(2005/07/13)
バンド・エイド

商品詳細を見る


先日、ネットで色々とチェックしていたトコ、スターウォーズ:エピソード3のDVDが新品¥1000で売ってたので即買いをし、その時についでにこのDVDも買ってしまった。
とはいえ、4枚組の方ではなく、コレはダイジェスト版の方。元々¥1800という安さだけど、この時も半額の¥900で売ってたので、コレも即買い。

ライブエイド当日、当時中学生だった私は家のテレビで一晩中観られる訳がないと思い(受験時期もあって、親が結構うるさかった為)親戚の家へ遊びに行く...と言って、この放送を観た記憶がある。
しかし、中学生でも完徹はムリで(苦笑)所々観てない箇所があって、記憶がかなり区々だったりする。LED ZEPPELINは、観られなかった事を幸せと思うか不幸と思うか微妙なラインで(笑)BLACK SABATTHは逆に早い時間だったので観られて良かった、と。

でもやっぱり、この日は間違いなくQUEENが掻っ攫ってしまった感があって、あのウェンブリースタジアムを飲み込んでしまうパフォーマンスはホントに凄かった。ボブ・ゲルドフがバンド紹介の時に「世界最大のジュークボックス」と言った事が身に染みたくらいだ。

このダイジェスト版を観て、久々にあの当時の事を思い出したけど、今観たら凄さが判るパフォーマンスというのも多かった。特にU2がそうで、あの当時から貫禄みたいなモノがあって、やっぱ格が違うというか何というか。あとミック・ジャガーとティナ・ターナーも凄かった。当時観てるのに、何でそこまで思わなかったんだろう?(←若さ故?)
逆にスティングなんかは、結構地味なステージでそんなに反響もなかったみたいで、これがPOLICEで出演してたらどーだったんだろう?と思ったな。

当時のライブエイドを特集したFM雑誌を今も持ってるのだけど、そこに面白い裏話が書いてあって、このステージに立てなかったミュージシャンの理由が書かれていて、例えば当時「シャウト」でブレイクしていたティアーズ・フォー・フィアーズなんかは、突如ツアーメンバーが抜けてしまった為だったり、マイケル・ジャクソンとスティービー・ワンダーやロッド・スチュワートもリストに載ってながらも突然の不参加だったりと色々あったみたいで、もしこれらのミュージシャンが出てたら...と思うと勿体ないな、と。

後に「ライブ8」なるモノも行なわれたけど、こちらはこの当時ほどの盛り上がりは見せずに地味に終わった感じだけど(少なくとも日本では)こうしたイベントは毎年はさすがに無理だとしても、定期的に行なわれると良いと思うんだけど。色んなミュージシャンが一同に見られて、しかもその利益が飢餓救済に繋がるのだから。
でも一方で、日本とか他の国のミュージシャンが結構蔑ろにされている部分もあるし、その収益の不透明さも暴露されたりして、こうした事が定期的に繋がらない理由なのかも知れない。
コンセプトは最高なんだけどなあ...
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

HARD TO BE A ROCK'N ROLLER... / WIG WAM (2005)

SCARY MONSTERS / DAVID BOWIE (1980)

comment iconコメント

コメントの投稿