かくれんぼかくれんぼ
(2006/11/22)
ハワード・ジョーンズ

商品詳細を見る


まだまだ続く、K.A.E.の80’S再評価作業。
このアルバム、実は私が初めて買った洋楽アルバムでした。それまで音楽はラジオで聴いてただけで、まだ「ベストヒットUSA」も観てなかった頃でもあった。
確か「NEW SONG」をラジオで掛かってたのを聴いて「何て綺麗でポップな曲なんだ!」と驚いて、初めて聞く名前だったのでメモに書いて(笑)そのメモを頼りにレコード屋まで走った記憶がある。
そして、シングルにするかアルバムにするか散々迷った挙句、ジャケットのダリみたいな絵が奇妙な雰囲気を醸し出していたのが気になり、結果アルバムを買ったのだった。

で、アルバムを聴き始めると、ジャケットの妙な感覚は微塵もなく、キーボードを多用したエレクトロポップが全編に渡って展開されていた。「NEW SONG」で雰囲気は掴んでいたものの、その「NEW SONG」が霞んでしまう程、他の曲の充実度が凄かった!中でも「CONDITIONING」「WHAT IS LOVE?」「HIDE AND SEEK」「DON'T ALWAYS LOOK AT THE RAIN」「EQUALITY」「HUMAN'S LIB」がお気に入り...ってアルバム半分以上だし(爆)。
本人も後に語っていたけど「もう、この作品以上のアルバムは作れないかも知れない」...って、デビューアルバムで既に終わってしまったって事かい!?(苦笑)

しかし、この人には色んな話があって、あるキーボードが欲しいが為に自宅を売ってその金でキーボードを手に入れたとか、日本に初めて来た時にあの11PMに出演して、AV女優がハワードを挑発したら「こんな番組だとは聞いてもないし知らなかった。実に不愉快だ。帰る!」と言って怒って帰ってしまったりと、真面目なんだか破天荒なんだか...(笑)

ハワードは後にヒット曲を飛ばすけど、段々とスケールダウンしてしまったのは残念。しかし、ミュージシャン受けは良かったらしく、フィル・コリンズとコラボしたり、リンゴ・スターのバンドに参加したりと自分の作品以外のトコで目にする様になった。
それにしても、このデビュー時の頃のライブも一度観てみたかった。ジェドというパントマイムと2人だけのステージングだったらしく、ちょっと想像付かないライブだったんだろうなあ。

PS:このアルバムの翌年だったと思うけど、シングル曲のリミックスを集めた「THE 12ERS ALBUM」なるレコードが存在していたのだけど、このリミックスが最高で、一時CD化もされたらしいのだけどプレスが少なかったのか、未だにお目に掛かった事がない。アマゾンUKでも探したのだけど、いつの間にか消えてるし...是非、再プレス化希望の1枚!
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

COUNTERPARTS / RUSH (1993)

HARD TO BE A ROCK'N ROLLER... / WIG WAM (2005)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

1stが完成形

これも聞いたな~。「WHAT IS LOVE?」「HIDE AND SEEK」がオキニでしたね。この前来日してたみたいでBS朝日?のBest Hit USAにゲストで出てましたよ。やはり当時の延長で頭皮の延焼もかなり進んでいましたが・・・エレクトロな歌ではない「自然派」になってました・・・

2017年08月09日 01:18

comment avater

K.A.E.

私にとっては、このアルバムはホントに洋楽のスタート地点みたいなモノですから、ノスタルジックすら感じますね。当時のLPの帯が透かした半透明のヤツでかなりカッコ良かったのを思い出します。お気に入り?勿論全曲ですよ!

でもエレポップが彼の持ち味なのに、それを捨ててオーガニックになるのはちょっとどーなんですかね?今エレポップ作っても、現代の若者には古臭いの一言で片付けられちゃうのかな??

2017年08月09日 06:50

コメントの投稿