ブリリアント・トゥリーズ(紙ジャケット仕様)ブリリアント・トゥリーズ(紙ジャケット仕様)
(2008/07/02)
デビッド・シルビアン

商品詳細を見る


WIG WAMの次にコレを持ってくるかー?って...(苦笑)

私はこのアルバムのイメージは絶対に”秋”なのだけど、たまに聴きたくなる時がある。私の敬愛するSUZANNE VEGAの「孤独」同様に「静かな夜に、静かに聴く」のが堪らないのだ。

元JAPANのVoだった彼の、解散後に発表された1stソロ。これまた以前、このブログでレビューしたJAPANのラスト作で最高傑作「TIN DRUM」の音楽性が東洋音楽にかなり傾倒していたのと打って変わって、このソロ作では幾分ポップに、JAPANと比較するともっとオーガニックな印象を受ける。
彼がこの時期に作りたかった音楽である事には違いないだろうけど、後に環境音楽っぽい方向性に行ってしまう”布石”みたいなモノも若干感じられる。

しかし、この人の声を聴くといつも不思議な感覚に捉われる。別に歌が格段に上手い訳でもないし、声量や声域がある訳でもない。なのに、何で耳に残るのだろう?と。そういう意味では元ROXY MUSICのブライアン・フェリーと近いかも?(と言っても、フェリーのタコ踊りまではしませんが/爆)
意外なトコでは、元SKID ROWのセバスチャン・バックも、デビュー時のプロフィールに影響を受けたミュージシャンの欄に彼の名を挙げていたな(だからといって、バズにシルヴィアンの影響があるか?と言われると.../笑)。

このアルバムからのシングルになった「RED GUITER」では、日本が誇る坂本龍一もピアノで参加している。意外とポップな曲で大好きな曲だ!(ビデオクリップは結構シュール↓)

http://www.youtube.com/watch?v=YKT-QWyYKno&mode=related&search=

しかし、本当にこの頃のシルヴィアンは美しかった。今じゃ面影もないけど...(涙)当時、DURAN DURANのニック・ローズは明らかに彼の影響を受けてる(というか、ビジュアル面のパクリ?)のがあからさまだったな。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BRAVE / MARILLION (1994)

WIG WAMANIA / WIG WAM (2006)

comment iconコメント

コメントの投稿