The Seeds of LoveThe Seeds of Love
(1999/05/24)
Tears for Fears

商品詳細を見る


いきなり私事で恐縮だけど、今住んでるアパートの前は桜が満開で、ちょっとしたコースのある公園なので今朝の晴天を見た途端、デジ一眼を持って散歩がてらに撮影してきた。
撮影する時にも勿論i-podは手放せなく(というか、ココで使わなければ何処で使う?)こんな気分の良い日に何を聴こう?と考えて、さすがにパンテラは聴く気にならず(爆)先日買った、このリマスター盤をチョイス。

いやあ、実に素晴らしい!晴天の空の下で、満開の桜の花の眺めながら聴くと非常にマッチして、この季節にもってこいのアルバムですなー。以前もこのブログでベスト盤をレビューして賞賛したけど、あのアルバムはベスト盤という事もあって良い曲が収められているのは当たり前だけど、このアルバムも発売当時に聴いてベスト盤とタメ張るくらいに良い曲が収められていると思う。全部のアルバムを聴いた訳じゃないから迂闊な事は言えないけど、彼等の音楽的に最も良い時期だったのではないだろうか?(その後、解散してしまうのだから方向性に問題があったのかも知れないけど)

まず、オープニングに「WOMAN IN CHAINS」を持ってくるあたりがニクい演出というか何というか。こういう「地味だけど、じわじわと来る」楽曲は、フィル・コリンズの「...BUT SERIOUSLY」の「ANOTHER DAY IN PARADISE」に近い感じがする。

このアルバムは、大ヒットした前作よりも全体的にスケール感が増してサウンドにも奥行きが感じられたので、前作とはかなり印象が異なったのが第一印象。また、最初のシングルだった「SOWING THE SEEDS OF LOVE」は、いきなりビートルズっぽさ全開!で、一聴して大好きになった。でも、最近は「ADVICE FOR THE YOUNG AT HEART」の方が好きかな?
他にもシングルにはなってないけど「BADMAN'S SONG」や「YEAR OF THE KNIFE」あたりのキャッチーさや、感動的な「FAMOUS LAST WORDS」も良い。

元々発売当時から良い音だったけど、リマスターになって更に音が細かくなった感じ。しかも、ボーナストラック4曲付いて¥2000以下とはホントにお買い得な1枚だ。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

UNDER MY SKIN / AVRIL LAVIGNE (2004)

VULGAR DISPLAY OF POWER / PANTERA (1992)

comment iconコメント

コメントの投稿