アンダー・マイ・スキンアンダー・マイ・スキン
(2004/05/12)
アヴリル・ラヴィーン

商品詳細を見る


いよいよ3rdアルバムが発売されるアヴリル・ラヴィーン。
デビューアルバムからいきなり火が点いたミュージシャンだけど、1stの頃はアイドル的な印象しかなくて「すぐに消えちゃうかな?」なんて思っていたら、この2ndアルバムでは見事な成長を遂げたと言っても良いでしょう。

とにかく、楽曲が良すぎ!1stシングルだった「DON'T TELL ME」が、今までのポップパンク路線から外れたミドルテンポのバラード調の楽曲だったのにも驚かされ「この曲だと地味なのでは?」なんて疑ったモノだけど、楽曲の良さで勝負を賭けてきたという事はアイドルなんかじゃない意思表示なのか?なんて思ったりして。
しかもこの曲は、私の大好きなブッチ・ウォーカーがプロデュースとアヴリルとの共作。多分、ブッチが関わって無かったらこのアルバムは手にしてなかったと思うけど(苦笑)実際ブッチが手掛けた楽曲はアルバム中3曲しかなく、それ以外にも良い楽曲が沢山入ってるので結果的には良いアルバムなんだな、と。
アルバムのオープニングからいきなり切なさ炸裂の「TAKE ME AWAY」、「HE WASN'T」みたいなアヴリルお得意のポップパンク路線や、ブッチの前バンドだったマーヴェラス3が演ってもおかしくない「FREAK OUT」、2ndシングルでまたもやブッチが手掛けた「MY HAPPY ENDING」、元エヴァネッセンスのキーパーソンだったベン・ムーディーが提供した哀愁漂う「NOBODY HOME」などがお気に入り。

どーやら今回のアルバムにはブッチは関わってないみたいだけど、先行シングルの「ボーイフレンド」を聴く限り、相変わらずのアヴリル路線なので今回も期待して良さそうだ。
しかし、最近国内盤でよくやる”新作を発売してから何ヶ月か後にDVD付けて再発するスペシャルエディション”盤が、何だか今回もありそうなんで(既に前2作はスペシャルエディションやってるので”2度ある事は何とやら...”って事で)購入はちょっと様子見にしようかな?
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

クムイウタ / COCCO (1998)

THE SEEDS OF LOVE / TEARS FOR FEARS (1989)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

1stも2ndも良かったんですよ、日本のギャルに受けなくても買ってたし。特に…

「NOBODY HOME」はエヴァネッセンスのギターが絡んでたんだ・・・知らなかった。んだから聞けたんだ。2ndの曲は渋いのが多かったな~。
それが3rdアルバムの「Girlfriend」で全米1位成し遂げたけど、深みがどんどんなくなっていって最後は「キティちゃんの歌」まで歌うようになっちゃったからな・・・。
最初の離婚が悪いのか、再婚相手がニッケルバックだったから悪いのか、〇の浅さと軽薄さが最後に出ちゃったな~←差別発言ゴメンナサイ。もう出てこないのかな?

2017年06月13日 02:42

comment avater

K.A.E.

ブッチ・ウォーカーの存在は大きかったなあ

結局、このアルバムしか買わなかったですね(苦笑)。売れちゃってロック色が無くなっちゃったのが原因なんですけど、徐々にこういうスタイルに変化するとは当時は全く思わなかったですけどね。ポップなロックでずっと続けると思ってたんでがっかりですよ。「キティちゃんの歌」は知りません、さすがに(笑)。

ニッケルバックといえば、何であんなに不人気なんですかね?カナダ警察が「飲酒運転したらニッケルバック聴かせるぞ」って、拷問の音楽かよ?と(笑)。

2017年06月13日 03:35

comment avater

地味JAM尊

あの辺の「拷問ネタ」は滅茶苦茶笑いました(ココロが病んでるのかな・・・病んでるのだ)

アメリカでは「ドートリー」が同じ形で的にかけられてましたね。
バカ売れした「産業ロックっぽいバンド」はネタとしてやられるのかな?
日本なら「T-〇〇ン」みたいな感じ?←脳が腐った中年の妄想ですよ

2017年06月13日 03:42

comment avater

K.A.E.

聴くのもツラい拷問って

幾らシャレでも、シャレにならない様な話だから笑えるんですよね(笑)。中東での拷問音楽にはよくHM/HR系が使われるという話らしいですけど、某音サンなら拷問どころかビバ・カモン!!ってなモンなんでしょうな(苦笑)。

私はデス系が全くダメなんで拷問には耐えられそうにないですけど、他の曲だったら何だろう?やっぱ、マジで震えが来る森田童子なんかかなりヤバそう...申し訳ないけど、この人の曲は正直自分の好みとは真逆なトコにいるモンで...

2017年06月13日 06:09

コメントの投稿