ウィンガー(紙ジャケSHM-CD)ウィンガー(紙ジャケSHM-CD)
(2009/09/23)
ウィンガー

商品詳細を見る


このアルバムは当時ホントによく聴いたなあ。
当時はバイトに明け暮れていた日々で、結構肉体労働だったので夏は殆どTシャツで仕事していたのだけど、その頃はHR/HM系のアルバムがバカ売れした時代。それに呼応する様に、私の生活もかなり影響されてHR/HM系のTシャツを買い漁っては、バイトに着て行き仕事をしていたモノだ(笑)。このアルバムジャケのTシャツも、染料部分が擦り切れるくらいまで着てました。
今思うと、とても当時の自分が、今の自分と同じ人とは思えないくらいド派手だったなあ...と(爆)。同じ事を今やってみろと言っても絶対に真似出来ないだろうな...と、このアルバムを聴きながらふとそんな事を考えてしまった。

当時、TBSで朝から「MTV HEADBANGERS BALL」が毎日(!)1時間放送していて、それで観た「MADALAINE」のビデオクリップにやられてしまった。
カメラ目線で踊りながらベースを弾くキップ・ウィンガーはそりゃモテるだろうなあ...と、同性の目から見ても思ったし、こうも不精ヒゲが似合うモノか...と真似して伸ばしたら、ただの疲れた人になっちゃう始末(爆)。
ただ、この人の強みはルックスのみならず、アリス・クーパーのバックバンドでの経験を持ち合わせて楽曲も素晴らしく「コレじゃ売れる訳だわ」と。
私はパワーバラードの「HEADED FOR A HEARTBREAK」が大好きで、当時のお好みテープを作る時には必ず入れていたモノだ。当時惚れていた女の子の事も、この曲聴くと思い出してしまう事だし(笑)。

ジミヘンの「PURPLE HAZE」とボーナストラックの「HIGHER AND HIGHER」はそんなに良いとは思わないのだけど、デビューアルバムとしては十分に及第点のアルバムでしょう。

キップ・ウィンガーのソロアルバムのボーナストラックだった「HEADED FOR A HEARTBREAK」のデモヴァージョンも結構良かったので、発売される(された?)デモ集CDも買ってみるかな?
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LIVE AT ST.ANN'S WAREHOUSE / AIMEE MANN (2005)

SEX & RELIGION / VAI (1993)

comment iconコメント

コメントの投稿