FAIR WARNINGFAIR WARNING
(2009/12/31)
FAIR WARNING

商品詳細を見る


暫くHR/HM系から遠ざかっていたので、久々にこのアルバムを引っ張り出して聴いたのだけど、ホントに良いアルバムだなあ...と実感。

MR.BIGやLIONなどによく表現された、いわゆる「BIG IN JAPAN」的なバンドだったけど、アメリカやイギリスではともかく、何で本国ドイツでは全く受けなかったのかが不思議でしょうがない。
当時はグランジ・オルタナ勢が隆盛を極めていた時代であっても、こうしたメロディアスHRの需要はいつの時代でも残っているモノだと思っていたので、本国では数ヵ所のクラブ周りだったというのがちょっとショックだったな。

BURRN!からの情報で買ったクチだけど(というか、当時はBURRN!でしか扱っていないバンドだったし)レビューに書かれていた通りの音で、BON JOVIをもっと若々しくした感じのメロディアスでフックのある楽曲が目白押し、一度聴いただけで直ぐにハマってしまった(...でも、メロディアスHR系のリスナーでこのバンドが苦手という人は余り聞いた事がないし)。

お気に入りはほぼ全曲...と行きたいトコだけど(笑)、中でもスケールのデカい「WHEN LOVE FAILS」、初来日のライブでのオープニングにも使われた疾走感が気持ち良い「OUT ON THE RUN」、感動的で号泣モノのバラード「LONG GONE」「THE CALL OF THE HEART」「TAKE ME UP」(って、バラード全部じゃん!)そして、切っても切れない関係なZENOのカヴァー「THE HEAT OF EMOTION」(コレは本家よりも好きだ)あたりかな。

しかし、別にシングルヒットがなかろうが、メジャーなシーンで全く受けないだろうが、良い楽曲が詰まってるアルバムならそれに勝るモノは無い...という典型的なアルバムだと思う。しかも、それをデビューアルバムで成し遂げてしまった事に凄く意味があると思う。
再結成してくれたのは素直に嬉しいけど、このアルバムのクオリティに近い楽曲はもう書けないのだろうか?次作に期待!!
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RUN FOR COVER / GARY MOORE (1985)

FAITH / GEORGE MICHAEL (1987)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

洋楽好きが通る「Billboard至上主義の脱却」そんな時期に聴いてました

1stの「Long Gone」、2ndの「Burning Heart」を気に入って、初期ベスト買ったんですけど、アルバム1枚丸ごとで聴いてないんですよね。完成度がそれだけ高いならば買わなきゃダメっすね。とりあえずBook Off行ってきます。

2017年07月05日 14:20

comment avater

K.A.E.

私がチャートの音楽から興味を失くしたのは、単に自分の好みに合わなくなってきたからなんですが、HM/HR系を聴き始めてBURRN!やMTVで好みの音を探し始めた時に、大ヒットしてなくても良い音楽(=自分の好みの音楽)ってのはあるんだな...と感じる様になりましたね。

ポップ系の音は、売れてないミュージシャンを探す専門誌はないしMTVでも掛からないからまず見付けられないけど、HM/HR系は雑誌でも探しやすかったし音も明確に分かりやすいんで結構買い漁って現在に至ります(笑)。

個人的にこのバンドはこのアルバムが全てだと思ってます。3rdまでは良かったですけど、今でも一番聴くのはこの1stですから。全曲捨て曲なしと断言しても良いでしょうね。是非手に入れてください!

2017年07月06日 06:15

コメントの投稿