NEW JERSEYNEW JERSEY
(2004/10/21)
ボン・ジョヴィ

商品詳細を見る


ボン・ジョヴィの今月発売の新譜「LOST HIGHWAY」からのシングル「MAKE A MEMORY」のクリップを今さっき初めて観たのだけど、随分と落ち着いてしまったなあ...と。
静かに始まって段々盛り上がっていく構成は、何処となくU2の「WITH OR WITHOUT YOU」に似ている気がするけど、普通に考えれば「ボン・ジョヴィがU2化???」と、とんでもない話だと...まあ、アルバム全体を聴かなければ何ともいえないけど、私的にはデフ・レパードの「X」みたいな事にならない事を祈るのみなのだが...(「X」も普通に良いアルバムだと思うけど、全くロックしてないのが何よりショックだったな)

さて、そんなボン・ジョヴィの私が一番好きなアルバムといったら、間違いなくこのアルバムでしょう!余りにもベタな選択だけど、コレには多くの人が納得してくれると思う。それに何といってもリアルタイムでこのアルバムに出会えた事が嬉しかったな。私の青春時代(笑)を彩るアルバムといっても過言ではない。

前作があれだけ売れた後だったのでどう勝負してくるのか?が当時のポイントだったけど、基本的には前作を踏襲した音楽性で、プラス大地に根ざしたアーシーな音がホントにカッコイイ。発売日当日にCD屋で購入して、暫くヘビーローテーションだったもんなあ。

今、久しぶりに聴き直しているのだけど、シングルでヒットした曲はもう聴き過ぎて懐かしさすら覚えるのだけど、シングルになってない楽曲の方が新たな魅力を感じる。「WILD IS THE WIND」や「STICK TO YOUR GUNS」なんか、普通にシングルカットしても良かったんじゃないかな?あと「LIVING IN SIN」みたいな楽曲も、それまでのボン・ジョヴィにはなかった新たなスタイルで結構好きだったな。

路線を変えずに新たなスタイルを取り入れながらも、キャッチーで捨て曲が見当たらない...それほどまでに完成度の高いアルバムだと思う。

PS:しかし、このアルバムから20年近くも経ってしまったのか...何とも時の流れは速いモノで...
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BEAST FROM THE EAST / DOKKEN (1988)

RUN FOR COVER / GARY MOORE (1985)

comment iconコメント

コメントの投稿