プリンス サイン・オブ・ザ・タイムス [DVD]プリンス サイン・オブ・ザ・タイムス [DVD]
(2006/02/25)
プリンス

商品詳細を見る


先日、ミュージックエア・ネットワークを久しぶりにチェックしてたら、まだプリンス特集が放送していた(笑)。
ビデオクリップ集を買うまでの勇気はないので(笑)これ幸い...と思い、直ぐに録画してDVD-Rに焼いたのだけど、また普通に見入ってしまった。ホント、80年代の彼は凄い勢いだったな...と改めて思う。

あの特集でも、このDVDから「I COULD NEVER TAKE THE PLACE OF YOUR MAN」が入っていたけど、あのビデオクリップを観ても分かる通り、プリンスのライブにおいての実力の凄さを堪能出来る。
私は、このビデオクリップを「ベストヒットUSA」で初めて観たのだけど、それまでのプリンスの変な気持ち悪いイメージから一転「何て凄い人なんだ!」と、尊敬の眼差しで見る様になった。

その時には、既に2枚組アルバムとして発売されていた「SIGN OF THE TIMES」の映画が全米で公開されている...と情報があったので、輸入版でも何でもイイから絶対観たいぞ!とずっと思っていたのだけど、ビデオ自体売ってないし、出てないのか?とすら思いながら、暫しの時が流れた。

DVDが普及し始めてから、怪しいブラジル版DVDがやっとリリースされたのだけど、同時に出ていたアイアン・メイデンのブラジル版DVDが物凄い不評だったので、「正規版はリリースしないのか?」と、今度はちゃんとしたモノを望む様になった(笑)。
そしたら日本でも、マイナーな会社から一応正規版が発売されたので、遂に購入して私の十数年のもやもやがやっと解消されたのだった(しかし、1曲だけ画質が落ちてたり(U GOT THE LOOK)、曲目チャプターがないというのは一体どーいう事だ?)。

内容は、プリンスの絶頂期である時期なので、ホントに素晴らしいの一言。ステージ上でちょっとした寸劇を行いながらのショーだけど、それがアクセントになっていて決してライブの邪魔になってないのも良い。
またプリンスのギターワークもこのビデオで初めて観たのだけど、かなり上手くてさすが天才と呼ばれるだけの事はあるな、と。
残念ながら、アルバム全曲演奏という訳ではないのだけど(「THE BALLAD OF DOROTHY PARKER」や「STARFISH AND COFFEE」が無いのがイタイ!)多分、ライブの構成上で省かれたモノなのだ...と勝手に納得してみる(笑)。

私にとってのプリンスは、次作アルバム「LOVESEXY」で一つの完結を見たと思ってるので、この時期のライブ映像というのはホントに有難い代物だ。未だにプリンスに対して偏見を持ってる人にこそ、是非観て欲しいDVDである(勿論、アルバムも傑作に相応しい内容!)。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BAT OUT IN HELL Ⅱ- BACK INTO HELL / MEAT LOAF (1993)

SO / PETER GABRIEL (1986)

comment iconコメント

コメントの投稿