Long Cold WinterLong Cold Winter
(1990/10/25)
Cinderella

商品詳細を見る


季節柄、全くタイトルが合っていないアルバムを急に聴きたくなったので、久しぶりに聴いたらやっぱ心に染みる良いアルバムですな。

ボン・ジョヴィに見出されてデビュー...という美味しい話題と、そのデヴューアルバムから既に”AC/DC+エアロスミス”という、如何にも分かりやすい音像で当時のHM/HRシーンでブレイクを果たした訳だけど、当時は何故かこのバンドは避けてたんよなあ。
単にバンド名のイメージや、よくある一発屋の雰囲気も兼ね備えてたので(笑)「どーせ直ぐに消えてしまうだろう」とタカを括ってたくらいで...。

ところが、この2ndアルバムでとんでもない事をやってくれた...何とブルーズ路線である。
MTVで初めて「GYPSY ROAD」のビデオクリップを観た時はまだ斜に構えてたのだけど、続く「DON'T KNOW WHAT YOU GOT (TILL IT'S GONE)」のビデオクリップには本気で震えた。荒野でレスポール片手に、革のロングコートとカウボーイハット姿のトム・キーファーが渋すぎ。
「何てカッコイイんだ!!」
そこでようやく、このアルバムを買いに走った訳だけど、アルバム全曲聴き終わった時、それまでのシンデレラの実力を疑ってた自分がホントに情けなかった(笑)。ごめん、トム・キーファー。アンタ最高だよ!!

いきなりドブロで始まるオープニングの「BAD SEAMSTRESS BLUES」から惹き付けられ、間髪入れずに始まる「FALLIN' APART AT THE SEAMS」の爆発力が何度聴いても最高。
タイトル曲では本格的な激シブのブルーズソング演ってるし、「THE LAST MILE」「COMING HOME」のアーシーな雰囲気も大好きだ(この曲もビデオクリップが最高!)。前作の路線を引き継ぐ「SECOND WIND」「IF YOU DON'T LIKE IT」のHRも良い。

間違いなく、シンデレラの最高傑作。最近はライブ盤とベスト盤ばっか出してる始末だけど、いい加減新作が聴きたいんだよなあ。トムの声帯が昔と比べて出ないのは、喉を酷使した為の手術と年齢の為だから仕方ないし、だったら今の声域に合わせた激シブのブルーズアルバム作ってくれれば文句ないんだけど...
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SHEER HEART ATTACK / QUEEN (1974)

BAT OUT IN HELL Ⅱ- BACK INTO HELL / MEAT LOAF (1993)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

イヤイヤこれは外せないでしょう

昨日も帰りの車ン中で聴いてた。ホントはこう言うことがやりたかったんだなって分かった最高のアルバム。「Don't Knou What You Got」は全米13位までしか上がらなかったのが信じらんなかったし、他のシングルもまだまだイケたなって気がしてる。このアルバム聴いて「ブルーズへの偏見が消えた(「こんなのはホントのブルーズではない」とか本格的なイチャモンは抜きにして)。馬鹿高校生を開眼させてくれた感謝一杯のアルバム。この後からストーンズがカバーした昔のブルーズ系を聴けるようになりました~。

2017年06月17日 03:57

comment avater

K.A.E.

1stでのケバいルックスは一体何だったのか?と

私の地元:栃木の世界遺産である日光へドライブに行く時のBGMで本作と白鮫の「TWICE SHY」をよくチョイスします。かれこれ20年近く(苦笑)。田舎道を走る時に「GYPSY ROAD」とか最高なんですよね。
「DON'T KNOW WHAT YOU GOT」はPVもカッコ良かったし、あのPV観て黒のレザーのロングコートが欲しいと思ったくらいでした...でも今ならアンダーテイカーになっちゃうんだろうな(白目向かなきゃ/苦笑)。
「COMING HOME」のPVも最高でしたし、「LONG COLD WINTER」の激渋ブルーズも良かったなあ。今でもホントによく聴くアルバムですね。

当時のHRバンドのブルーズ回帰路線はよく批判に晒されてましたけど、こういう入り口でも全然良いと思うんですけどねえ。分かりやすくてカッコイイ...それだけで十分なんじゃないかと。

2017年06月17日 08:05

コメントの投稿