In RequiemIn Requiem
(2007/06/05)
Paradise Lost

商品詳細を見る


ホントに待ち侘びました、この時を!

ホントは5月下旬に手に入るハズだったのだけど、知っての通りHMVに予約したのが結構遅かった為にLIMITED EDITION盤が手に入らなかったという、何たる不覚。
しかもHMVのサイトでは大々的に予約受付してたわりには、全世界で2000枚限定などという超プレミア盤だったという要らぬオチまで付いたくらいで...
しかし、捨てる神あれば拾う神ありとはよく言ったモノで、このバンドの音楽同様、失意の底に落ちていたある日何と国内盤のリリースが決定。しかも、ボーナストラックも収録されるという、正に「目からウロコが」状態。

で、昨日はCD屋5件も回ってようやくゲット。で、聴いてみたトコ、さすがに前評判の高さは嘘ではなく、前作を踏襲した内容に更にラウドとなった音像+凶暴性が増した、非常に攻撃的なアルバムだと。それでいてゴシック風味も健在という、正に「待ち侘びた新作」を堪能した。

前作での完全復活の意味は、このバンドにしか出せない「世界観」にあって、低迷期に出したアルバムでの「単にサウンドをへヴィに戻しました」とかいう意味では決してないと思う。そういった意味で前作は、このテのジャンルのパイオニアとしての力量をまざまざと見せ付けられた。

オープニングの「NEVER FOR THE DAMNED」の歌い出しは、何処となくメタリカのジェームス・ヘッドフィールドかと思わせる。「REQUIEM」での曲構成の素晴らしさ、「THE ENEMY」でのキャッチーなメロディなど1度聴いただけでも耳に残る。今朝も通勤時に聴き帰宅時に聴くという感じで、ホントに長い付き合いになりそうだ!(ジャケットも、如何にもゴシックっぽくてカッコイイけど、最初は「山海塾」かと思ったくらいだ.../爆)

今のトコ、今年発売されたアルバムの中で(私が聴いている範囲での)かなり上位に食い込むモノだと断言しましょう!(今年聴いたアルバム...となると話は別だけど)ラウドパークに来ないかな?
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BEST OF BOWIE / DAVID BOWIE (2002:DVD)

GENTLEMEN TAKE POLAROIDS / JAPAN (1980)

comment iconコメント

コメントの投稿