ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ [DVD]ベスト・オブ・デヴィッド・ボウイ [DVD]
(2005/09/14)
デヴィッド・ボウイ

商品詳細を見る


先日、CD屋で色々とチェックしてた時にヤバい事に欲しいモノがまた発生(笑)。デヴィッド・ボウイの紙ジャケ盤である。
ボウイに関しては、好きなアルバムとそうでないアルバムがはっきり分かれるので、別に全部コンプする必要はないし、聴いていないアルバムはまずレンタル屋でチェックしてからでも遅くはないので、そんなに焦って買う必要はないのだけど、それでも好きなアルバムだけは手元に置いておきたいモノだ。

そんな事を思いながら久々にこのビデオクリップ集を観た。
私は音楽は勿論のこと、MTVが隆盛を極めてた頃にビデオクリップも一つの参考としてレコードやCDを買う基準にしているのだけど、その洋楽を聴き始めた頃に出会ったのがボウイの商業的に大ヒットを飛ばした「LET'S DANCE」だった。
洋楽初心者の取っ掛かりとしては大好きでも、この頃のビデオはそんなに好きではなく、むしろその前作で以前レビューも書いた「SCARY MONSTERS」からのクリップの方が好きだった。

しかし、それ以前のクリップは基本的にはライブやTVだけの収録だし(それでも「LIFE ON MARS」みたいなクリップがあったのは驚いたけど)それ以降90年代のクリップは、私自身「TONIGHT」でボウイに失望した時期もあってチェックしなくなってしまったので(それでも「NEVER LET ME DOWN」までは一応チェックしたが、前作以上に失望したがイタかった/爆)こういう初期から現在に至るまでの映像集はかなり有難い代物なのだ。

で、その失望した90年代のクリップを観ていると、コレが結構イケてたりするのが面白いトコで(苦笑)ボウイにアタマ下げて謝りたい気分。それらの映像や音楽をチェックしてCDが欲しくなったのである。
「EARTHRING」は以前図書館で借りてチェックはしてたのだけど、映像で観たのはDVD買ってからだし、他の映像や曲は全くの未見。中でも「THE HEART'S FILTHY LESSON」は、映画「セブン」のエンドロールに流れる曲だと思い出してから、この曲が収録されている「1 OUTSIDE」が聴きたくなったし、このDVDが発売された時の最新作だった「...HOURS」の楽曲も、既に実験的ではなくなった風に思えるけど、ボウイがこういう曲を演る事自体が”実験的”だったのでは?と余計な勘繰りをしてしまうくらい、何故か今の自分にハマってしまった。

お気に入りのクリップは「大勢のファン(取り巻き?)引き連れて夜の街を闊歩する「D.J.」、当時のビデオクリップに最高額を投資して作られた「ASHES TO ASHES」、ちょっとゴスっぽい「THE HEART'S FILTHY LESSON」、如何にもサイバーっぽい「LITTLE WONDER」、ナイン・インチ・ネイルスのトレント・レスナーが異常者としてボウイに付き纏う(ハマり役/笑)「I'M AFRAID OF AMERICANS」。

そんな訳で、お陰様で、最近は殆どボウイばっか聴いている事に(笑)。
...しかし、これほどまでに音楽的に色々と変貌を遂げて未だに現役でいる事自体、物凄い事だと思う。あと何枚アルバム作るのか分からないけど、本人はまだまだ隠居するつもりはなさそうだな(笑)。

「ASHES TO ASHES」のクリップ↓

http://www.youtube.com/watch?v=r44OFO-MNPo
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GET A GRIP / AEROSMITH (1993)

IN REQUIEM / PARADISE LOST (2007)

comment iconコメント

コメントの投稿