ミステリー・シティ~ハノイ・ロックスIV(K2HD/紙ジャケット仕様)ミステリー・シティ~ハノイ・ロックスIV(K2HD/紙ジャケット仕様)
(2008/06/25)
ハノイ・ロックス

商品詳細を見る


今週は”夏”を感じさせるアルバムのチョイスで行きますか!

...ってな事で、このアルバムも私的には思いっきり”夏”してますねー。ラウドパークにやってくるハノイ・ロックスの4thアルバム「BACK TO MYSTERY CITY」。

そもそもハノイを聴いた切っ掛けは、ガンズ・アンド・ローゼズがブレイクした年に「影響を受けたミュージシャン」的なことインタビューで聞かれたアクセル・ローズがハノイ・ロックスの名を挙げていたのが気になって、ちょうど国内盤CDが発売される前に輸入盤でベストを手に入れたのが最初...なので、リアルタイムでは全くチェックしてなかった。ヴィンス・ニールの例の交通事故でラズルが亡くなったニュースはうっすら記憶にあるけど。

しかもこのベスト盤、メジャーなレーベルではないトコから出しているのが如何にも”アングラ的”でB級臭さが堪らなかったし、またベストと言いつつも地味な「DON'T FOLLOW ME」とか入ってて、全アルバムを揃えた後に「全然マイナーな曲じゃん!」と思う事請け合いだし(笑)。

それはともかく(苦笑)ハノイのオリジナルアルバムの中では一番好きなアルバムである事は間違いない。ライブ盤を含むと以前レビューした「ALL THOSE WASTED YEARS...」に軍配が挙がるけど、スタジオ盤では一番聴いたアルバムになるかな。
オープニングの妙な小曲の心臓の鼓動からいきなり「MALIBU BEACH NIGHTMARE」のキャッチーなメロディに傾れ込むトコが絶妙で、コレだけで他のアルバムにはない「何か」を感じさせる。
アナログでいうA面の構成は最高!「TOOTING BEC WRECK」みたいな隠れた名曲(だと私は思ってる)があったり、ライブ盤でもテンション上がりまくりの「MENTAL BEAT」、彼等ならではの世界観が美しい「UNTIL I GET YOU」。どれも大好きだ!
B面はちょっとリラックスして聴くには良いかな...と思わせる曲が多いけど、「BEATING GETS FASTER」みたいな初期っぽい雰囲気の曲や、最後にタイトル曲で爆発させるトコも如何にも彼等らしくて良い(この曲のライブは、モンちゃんのブチ切れ具合がホントにカッコイイ!!)。

続く「TWO STEP FROM THE MOVE」では、全体的にスケールがデカくなった感じでコレもハノイだ...という事も分かるんだけど、何処と無くチープ感漂う感覚はこのアルバムを最後に消す事になる。案外、このチープ感が好きだったりするからこのアルバムがお気に入りなのかも?

しかし、久々に聴くとホントに良いわー!早速、車内で聴くハノイのベストでも作ろうかな。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MELODIES -THE BEST OF AOR- / V.A.(2003)

GREATEST HITS / NIGHT RANGER (1989)

comment iconコメント

コメントの投稿