インテュイションインテュイション
(2007/07/04)
TNT

商品詳細を見る


しかし、こう暑い日が続くとせめて音の方で涼しく感じる音楽はないか?と考えてみたトコ、ふとこのアルバムを思い出し、早速久々に聴いてみる事に。

さすが北欧ノルウェーのバンドだけあって、爽やかなイメージに包まれて、気分的にも若干涼しくなった様な(笑)。同じ北欧でも、先日観た「メタル・ヘッドバンガーズジャーニー」での例のブラックメタル勢は別の意味で涼しくなる事請け合いだけど(爆)この正統派HM/HRバンドはこのアルバムで「北欧メタル」の一つの完成形を作り上げてしまった事に多いに意味があると思う。

初めての出会いは、当時日曜夜中に放送していた「ピュアロック」で「INTUITION」のビデオクリップを何気に観てしまい、コーラスの美しさ、綺麗なメロディ、流れる様なギターソロ...一発で心を掴まれるのに十分過ぎる程の衝撃だった。
で、早速アルバムを聴いたら、全曲名曲とまではいかなくても美旋律と呼ぶに相応しい楽曲の多い事。特に「TONIGHT I'M FALLING」は「INTUITION」以上の感動があったし、「LEARN TO LIVE」のポップな爽快感、「END OF THE LINE」の美しさ、「FOREVER SHINE ON」のボーカルの力強さなどが印象に残った。

私は、このアルバムがデビューアルバムだと思い込んでいたので「とんでもない新人が出てきたな!」と勘違いして、後に3rdの「TELL NO TALES」を見つけた時は目が点になったモノだけど(苦笑)この3rdアルバムも素晴らしく、次作も多いに期待したのだけど(1st、2ndは当時は手に入りにくく、しかも音楽性も違うという話だったのでチェックはしなかった)完成度はこのアルバムには及ばなかったな。それ以降音楽性を変えてしまい、しかもトニー・ハーネルのボーカルもハイトーンを駆使したスタイルではなくなってしまった為、TNTに関する興味は薄れていってしまったのである。

と、いう訳で当時のTNTしか出来なかった最高傑作。このアルバムを聴いて、暫く北欧メタルにハマってしまい、色々なバンドを漁って聴いてみたものの、同様の感動を味わったアルバムは数枚しかなかったのは北欧メタルのシーンが薄いモノなのか、それともこのアルバムが単に凄いだけの事なのか...
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ALIEN /ALIEN (1988)

DISTURBING THE PEACE / ALCATRAZZ (1985)

comment iconコメント

コメントの投稿