FearlessFearless
(1994/05/26)
Francis Dunnery

商品詳細を見る


昨日、久々に友人と一緒にCD漁りに出掛け、私は以前から目を付けてたデヴィッド・ボウイの「1 OUTSIDE」の紙ジャケを購入し、その友人はちょっと意外なトコでロバート・プラントの2枚組ベストを購入してた。
単に「NOW & THEN」の楽曲が聴きたかった、との事らしいが、その一連の曲を聴いていてふと思い出し、このCDに手を伸ばした。
そう、詳しい人なら知ってる話だと思うけど、このアルバム発表前にそのロバート・プラントに誘われ、彼のアルバム「FATE THE NATIONS」に数曲参加して、ついでにツアーに参加までしてしまうのであった。
当時は「何故プラントと?」というミスマッチに疑問があったけど、それ以前にプラントがフランシスの存在を知っていたのか?という事に驚いた。どーやらイット・バイツ時代に前座を務めた縁みたいだけど、今でもこの組み合わせはどーなんだろう?と思ってたりする(笑)。

それはともかく、その活動のお陰で大手のアトランティックと契約を結ぶ事が出来、1stソロの地味な活動(ヴァージンレーベルのゴタゴタで、当時は日本以外では発売されなかった)よりも大きな活動が期待されていたのだけど...ファンの私でも、このアルバムを最初に聴いた時はちょっと戸惑ってしまった。

そりゃ軽快な「AMRICAN LIFE IN THE SUMMERTIME」やファンキーな「HOMEGROWN」、レゲエのリズムを強調した「FADE AWAY」、カントリー調の「COULDN'T FIND A REASON」、前作を踏襲したへヴィなギターが聴ける「KING OF BLUES」、アコースティックで締める「GOOD LIFE」など聴き所は多いのだけど、色々詰め込み過ぎて焦点が定まってなく中途半端な印象しか残らないのだ。
このアルバムで初めてフランシスの音楽を耳にする人でも、これでは「何がやりたいの?」って事になってしまうし、どんなタイプでもそつなくこなしてしまうから尚更タチが悪い(苦笑)。

その点を反省したのか次作では一貫した音作りになっていたけど、その次作では遂に日本盤も見送られてしまい、要はこのアルバムで結果が残せなかったという致命傷になってしまった。
まあ、ファンの私は輸入盤でも付いていくし、売れる売れないで判断する音楽でもないのでフランシスの音楽が聴ければ良いや...と思っているけど、やはりブレイクするチャンスは惜しかったな...とは思う。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LETTERS / BUTCH WALKER (2004)

CLUTCHING AT STRAWS / MARILLION (1987)

comment iconコメント

コメントの投稿