Bad AnimalsBad Animals
(1990/10/25)
Heart

商品詳細を見る


いきなりだけど、私はこの時期になると何故かバラードばかりを聴く事が多い。
初秋という、暑い夏が過ぎて少し過ごしやすくなる季節にしんみりとしたバラードを聴くのがオツだと思ってるからだ(笑)。まあ、良いバラードは季節なんか問わずにいつでも良い曲には違いないのだけど...特に雰囲気が増すというか、何というか。

当然HM/HR系のバラードも良いけど、普通のロックやポップスなどにも良いバラードは多い。
そんな事を考えていたら、久しぶりにこのアルバムに収録されている「ALONE」が聴きたくなった。
ハートは、前作「HEART」での大復活劇で存在を知ったクチなのだけど、大ヒットしたこのアルバムは洋楽聴き始めの頃という事もあってかなり聴き込んだ。
そして、この「BAD ANIMALS」が発売される前にシングルカットされた「ALONE」を聴いてホントに感動した!ビデオクリップもカッコ良かったし「絶対にこの新作は素晴らしいに違いない!」と思い込み、学生で金のない私は発売日にレンタル屋に走ったのだった。

当時も今も評価は殆ど変わらないのだけど、前作「HEART」の方が好みだったりする。いや、当然楽曲のクオリティも高いし、素晴らしいアルバムなのは間違いないけど、コレは素直に好みの問題だと思う。
それは単に、前作には結構ハードなロックが数曲あったけどこのアルバムではそれが見当たらない。その分、より一般リスナーの受けを狙ったのかな?と。

それでも前述の「ALONE」、ナンシーがVoのポップな「THERE'S THE GIRL」、アルバムの冒頭を飾る「WHO WILL RUN TO YOU」などのシングルカットは、正に「売れなきゃおかしいだろ?」と思わせる楽曲だし、シングルカットされてない楽曲も負けないくらい良い曲目白押し。特に「I WANT YOU SO BAD」なんかは何でカットしないの?と思ったくらい素晴らしい曲だと思う。

このアルバムでも外部ライターの楽曲が目立つけど、そんな事は実際どーでもよく、アンやナンシーが歌えばそれだけでハートの曲になってしまう訳で。それは次作にして最高傑作である「BRIGADE」でさらに昇華する事を考えると、このアルバムは正に「試金石」的なアルバムだったのかな?と。

ALONEのビデオクリップ

http://www.youtube.com/watch?v=JCZLOIG3FRg&mode=related&search=
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BUSTED / CHEAP TRICK (1990)

LETTERS / BUTCH WALKER (2004)

comment iconコメント

コメントの投稿