1984(紙ジャケ)1984(紙ジャケ)
(2008/04/23)
ヴァン・ヘイレン

商品詳細を見る


先週のサンダーのライブ前のBGMで、いきなりレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが掛かっていて???になったモノだけど、その後はZEPだのAC/DCだの結構渋めの選曲でテンションも上がってきた。だけど、このアルバムから「TOP JIMMY」と「GIRL GONE BAD」が掛かった時は、久々に聴いた事と相成って、あーいうライブ会場の大音量で聴くと雰囲気満点で「こんなに格好良い曲だったっけ?」と、改めて知らしめられた。

ので、久々にアルバム引っ張り出して聴いてみたけど、あの当時のHM/HRシーンを引っ張っていたのは間違いなくこのバンドだったと思う。
このアルバムが出る前年のUSフェスティバルのヘッドライナーを務めた事でギャラが破格になった...的な話を雑誌で読んだ事もあって、当時はまだHM/HRの洗礼を受けていなかった私にとって「HM/HRとは?」の格好の対象になった事は間違いなかった。また、マイケル・ジャクソンの「BEAT IT」のギターソロをエディ・ヴァン・ヘイレンが担当していたという事も、ヒットチャートばかりを追っていた私に興味を持たせたモノだったな。

そんなタイミングで「JUMP」が全米チャートのトップに登り詰め、シングル買って散々聴いたモノで、当然アルバムも入手。
シングルチャートばかりをチェックしていた私が初めて聴くHM/HR系の音楽。「JUMP」のポップさは今思うとヒットして当然の結果だと思うし、キーボードを大胆に取り入れた新機軸の音楽性は後に多くのフォロワーを生み出す結果となった訳だし、またエディの凄みが十分に感じられる「HOT FOR TEACHER」や、キャッチーで如何にも真夏にぴったりな「PANAMA」「TOP JIMMY」なんかは、HM/HR系を初体験するには十分過ぎる内容だ。

このアルバムから既に20年以上も経ち、「JUMP」が某携帯会社のCMソングになったりして時代は変わったなとも感じさせられるけど、既にデイヴ・リー・ロスがバンドに復帰を果たし、エディの息子が加入した新生バンドは一体どーなんだろう?と。
マイケル・アンソニーの高音コーラスが無いのは寂しい限りだし、デイヴの歌唱やヴォルフギャング(エディの息子)の力量など不安も多いけど、とりあえずは聴いてみない事には話にならない事だし...とりあえずはライブ盤でも新作でもアルバム待ちって事ですな。

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

KEEPER OF THE SEVEN KEYS-PART 2 / HELLOWEEN (1988)

LIVE AT THE GREEK / JIMMY PAGE & THE BLACK CROWS (2000)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

デイヴ・ヘイレンとの関わり方

MTVでのプリティ・ウーマンのPV→ダイヴァーダウンの「Dancing In The Street」でがっかり→「1984」発売、Jump聴いて即買いって流れでした。個人的に痺れたのは「Hot For Teacher」PVかな(←必ずお色気系を選んでる馬鹿昭和中坊)。中年になって枯れてから聞くよりも、当時の「本気でハマって熱くなれた」事を思い出させてくれる起爆剤みたいなアルバムっすね。

2017年06月13日 02:16

comment avater

K.A.E.

新時代到来の意味合いが強いアルバムかと

「DIVER DOWN」は意外と好きです(笑)。カヴァー曲が多いですけど「HANG EM HIGH」とかめっちゃカッコイイですしね。「DANCING IN THE STREET」に関してはまだミック&ボウイの方が良かったかと。デイヴが歌わされてる感じがするんですよねえ。
「PRETTY WOMAN」のPVは確かに下らないですねえ~。マイケル・アンソニーの勘違いサムライとか(笑)。

だからこそ、このアルバムで一皮向けた印象もあったんだろうし、エディがキーボード弾いて楽曲もポップになった事がバンドの変化を感じさせますね。デイヴが天狗になってソロ始めちゃったのも、このアルバムの出来に満足して天下取ったと勘違いしちゃったのかも?
「HOT FOR TEACHER」のPVの先生は確かに良いですねえ~!私がPVで好きなタイプは白鮫の「LEDY RED LIGHT」の嬢なんですけど、この先生もかなりイケてますな。
そーいや、このPVでの4人のダンスで、一人だけ遅れてるエディが何かかわいい(笑)。

2017年06月13日 03:25

comment avater

地味JAM尊

PV集もカバー曲が入ったバージョンは売ってなかったんだよな~韓国版で買ったけど。

そしてエディを演じてる子役の子が可愛い←そういう趣味ではありませんが。
「Hang Em High」はいいっすよ。やはり自分も「ミック&ボウイ」の全米7位と比較しちゃってんのかもです。

2017年06月13日 03:38

comment avater

K.A.E.

それって

>PV集もカバー曲が入ったバージョンは売ってなかったんだよな~

って、やっぱオリジナル楽曲の版権の問題だからじゃないですかね?それかバンド自身が失敗だって認めるとか??(苦笑)
でも2枚組ベスト盤には両方共収録されてんですよね...何かよく分からんですなあ(笑)。

2017年06月13日 06:00

コメントの投稿