オデッセイ(紙ジャケット仕様)オデッセイ(紙ジャケット仕様)
(2008/08/27)
イングヴェイ・マルムスティーンズ・ライジング・フォース

商品詳細を見る


先日のHELLOWEENと同じ年に発売され、散々聴きまくったアルバムだったな。
この年はホントにHM/HRの豊作で、他にもMETALLICA「...AND JUSTICE FOR ALL」や、IRON MAIDEN「SEVENTH SON OF A SEVENTH SON」、OZZY OSBOURNE「NO REST FOR WICKED」など今でも結構聴くアルバムが発表されていて、ホントに良い時代だったなあ...とつくづく実感。

さて、イングヴェイ。正直、彼の音楽は好きでもインタビューなどで読む限り、彼自身のアティチュードは大ッ嫌いで(笑)「何でこういう考え方しか出来ないのかな?」と普通に思ったりするのだけど、そんな人がこんなに凄い音楽演ってるのが不思議でしょうがない(笑)。
しかし、これだけ長い間アルバム出してきて最近はネタが尽きてきたかな?と思うし、しかもイングヴェイ特有の早弾きも音楽シーンに出てきた時は革命的で、多くのフォロワーを生んだモノだけど、早弾きに拘る為にメロディや曲が二の次になってしまい、印象に残るのは「凄えー早く弾けるよなあ」という感心のみ(笑)。
お陰で本家自身も「早く弾けるだけでハートの無い音楽」みたいなレッテルを貼られてしまうのはいい迷惑だったろうなあ。

だけど、このアルバムには他のアルバムとは決定的に違うモノがある。
ジョー・リン・ターナーの存在。このアルバムの貢献者は間違いなく彼だと思う。今までのイングヴェイの歴代シンガーの中で、マーク・ボールズやマイク・ヴィセーラなど歌唱力のあるシンガーが軒を連ねたけど、存在感ではイングヴェイとタメを張るくらいだし、既にRAINBOWで実力を証明済みなので正に打ってつけだったと思う。

残念ながら(というか当然の結果か?)アルバム1枚とツアーのみで脱退(解雇?)してしまったけど、楽曲は過去最高の出来だと思うし(プレイは、交通事故の影響の為かちょっと粗い気がするけど)どーしてこの路線で推し進めなかったのか今でも疑問に思う。「RISING FORCE」なんか、イングヴェイの楽曲で1~2位を争う出来なのに...

最近、とんとご無沙汰な感じの巨匠だけど、アルバムもそんなに話題にならなくなってきた今、別にジョーとまた組めとまでは言わないから(苦笑)楽曲だけでもこの路線で演ってくれないかな?
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PLANET EARTH / PRINCE (2007)

KEEPER OF THE SEVEN KEYS-PART 2 / HELLOWEEN (1988)

comment iconコメント

コメントの投稿