FC2ブログ

オデッセイ(紙ジャケット仕様)オデッセイ(紙ジャケット仕様)
(2008/08/27)
イングヴェイ・マルムスティーンズ・ライジング・フォース

商品詳細を見る


先日のHELLOWEENと同じ年に発売され、散々聴きまくったアルバムだったな。
この年はホントにHM/HRの豊作で、他にもMETALLICA「...AND JUSTICE FOR ALL」や、IRON MAIDEN「SEVENTH SON OF A SEVENTH SON」、OZZY OSBOURNE「NO REST FOR WICKED」など今でも結構聴くアルバムが発表されていて、ホントに良い時代だったなあ...とつくづく実感。

さて、イングヴェイ。正直、彼の音楽は好きでもインタビューなどで読む限り、彼自身のアティチュードは大ッ嫌いで(笑)「何でこういう考え方しか出来ないのかな?」と普通に思ったりするのだけど、そんな人がこんなに凄い音楽演ってるのが不思議でしょうがない(笑)。
しかし、これだけ長い間アルバム出してきて最近はネタが尽きてきたかな?と思うし、しかもイングヴェイ特有の早弾きも音楽シーンに出てきた時は革命的で、多くのフォロワーを生んだモノだけど、早弾きに拘る為にメロディや曲が二の次になってしまい、印象に残るのは「凄えー早く弾けるよなあ」という感心のみ(笑)。
お陰で本家自身も「早く弾けるだけでハートの無い音楽」みたいなレッテルを貼られてしまうのはいい迷惑だったろうなあ。

だけど、このアルバムには他のアルバムとは決定的に違うモノがある。
ジョー・リン・ターナーの存在。このアルバムの貢献者は間違いなく彼だと思う。今までのイングヴェイの歴代シンガーの中で、マーク・ボールズやマイク・ヴィセーラなど歌唱力のあるシンガーが軒を連ねたけど、存在感ではイングヴェイとタメを張るくらいだし、既にRAINBOWで実力を証明済みなので正に打ってつけだったと思う。

残念ながら(というか当然の結果か?)アルバム1枚とツアーのみで脱退(解雇?)してしまったけど、楽曲は過去最高の出来だと思うし(プレイは、交通事故の影響の為かちょっと粗い気がするけど)どーしてこの路線で推し進めなかったのか今でも疑問に思う。「RISING FORCE」なんか、イングヴェイの楽曲で1~2位を争う出来なのに...

最近、とんとご無沙汰な感じの巨匠だけど、アルバムもそんなに話題にならなくなってきた今、別にジョーとまた組めとまでは言わないから(苦笑)楽曲だけでもこの路線で演ってくれないかな?
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PLANET EARTH / PRINCE (2007)

KEEPER OF THE SEVEN KEYS-PART 2 / HELLOWEEN (1988)

comment iconコメント

comment avater

UME

MSGの「SAVE YOURSELF」を聴く前にこのアルバムを聴いていたら、私の音楽人生は変わっていたかもしれません(笑)
マイケル・シェンカーにドハマりしていた私にとっては、イングヴェイの「RISING FORCE」が死ぬほど格好良かったけど受け入れたくなかった。
素直な今になってみれば、イングヴェイにとってこのアルバムか「SEVENTH SIGN」が最高傑作だし評価しています。
でも私の人生はやはりマイケル・シェンカーの方向になりましたね(笑)
先日も3000円近くするマイケル・シェンカーの本を買って、夜な夜な楽しみながら読んでいます。

2020年05月19日 23:09

comment avater

K.A.E.

インギーの登場はホントに革新的な出来事でしたからね。プロアマ問わず当時のギタリスト達には衝撃的だったと思いますよ。本人が謙虚な姿勢だったらもっと良かったんですけど(笑)。
私は元々80sポップからHM/HRの世界に入ってきたので、既にデビューしてたインギーもシェンカーにもそれほどハマりませんでしたね。あの当時はアメリカのチャートでブイブイ言わせてたHM/HR系のバンドに夢中だったからギタリストまで目が向かなかったのが本音です。

このアルバムはホントに楽曲が素晴らしかったと思ってます。ジョーリンとの相性も良かったのが功を成したと思いますけど、それも楽曲ありきの話ですからね。この路線で暫く続けてほしかったなあ。

シェンカーもインギーも最近は余り聴いてないんで近いウチに何か手に取って聴きますかね。シェンカーは「ASSAULT ATTACK」一択になるし、インギーもこのアルバムが一番手に取るので、たまには違うモノも聴いてみるのも新鮮ですしね。

2020年05月20日 03:44

comment avater

UME

ギタリストまで目が向いてなかったんですね。
知りませんでした。
ひょっとして「SAVE YOURSELF」も聴いてなかったりしますか?
マッコリー時代もどのアルバムも素晴らしいんですが、特にこのアルバムは最高です。
最近伊藤政則さんがラジオで「あなたのロックのふるさとは何ですか?」と言っていますが、
このアルバムが私にとってのふるさとです。
アルバムタイトル曲の次に人気がある曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=E2rRPW-NSnc

2020年05月22日 01:17

comment avater

K.A.E.

「SAVE YOURSELF」はリリース当時話題になってましたね。友人が買ったモノを聴かせてもらっただけで購入はしませんでした。
そもそもMSG自体、聴き始めが80年代後半だったので「過去作の方が良い」という情報を刷り込まれてマイケル名義を聴き漁ってたんで、マッコリーまでは追って行かなかったんですね。でも紹介されてる楽曲はカッコイイですね。

「あなたのロックのふるさと」というと...私的には畑違いですがブライアン・アダムスの「RECKLESS」になりますかね。あのアルバムは当時散々聴きましたから。HM/HR系になるとやっぱボン・ジョヴィの3rdアルバムですよね!アレのお陰でHM/HR系に覚醒したモノで(笑)。

2020年05月24日 02:30

コメントの投稿