「SOUL DIMENSION」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)「SOUL DIMENSION」 standard of 90’sシリーズ(紙ジャケット仕様)
(2007/12/19)
ICE

商品詳細を見る


先日HMVでの”輸入盤2枚で25%OFF”セールに3枚ほど頼んで1週間遅れで返事が来たのだけど、3枚のうち1枚は取り寄せ日数が掛かるらしく、キャンセルするかどーするか聞いてきたのでキャンセルし、残りの2枚が日曜に着く...ハズだったのだが、日曜ってもう過ぎてますよね?
じゃあ、今日なのかな?と思ってたけど届かず...発送済みメールは届いてるのに。
ホントはそのアルバムをレビューしようと思ってたのだけど、コレで完全に気が失せてしまったので、前回書いたICEの3枚買ったCDの続きなんぞを。

ひょんな事で知った前作をサルみたいにずっと聴き通していたので、前作から約半年後に新作が出た時は「早っ!」と呆気に取られたのを覚えているなあ。
しかもTHUTAYAで何気にこの情報を知り、既に告知ポスターまで貼ってあったを見て、すかさず店員に「CD発売されたらポスターください」と言って、渋る店員から無理矢理貰ってきたくらい当時はハマってました(ただこのポスターはCDジャケと同じなので、ちょっとエロいのが難点だったのだけど、とりあえず額に入れて飾ってました/今もまだ持ってたりする)。

肝心の内容は、私が聴いたICEのアルバムの中でも最も勢いがあって楽曲的にも十分魅力的な、正に最高傑作だと思う。
CDを聴く前に、土曜の夜中に放送されている「CDTV」でアルバム全曲紹介とシングル「LOVE MAKES ME RUN」のスタジオライブをチェックしたのだけど、コレが期待を大きく煽ったモノだった。
前作がオシャレで都会的な雰囲気だったのに対し、今回のはSOUL系を意識したのか作り込んだ音ではなくバンドのアンサンブルに比重を置いている印象を受けた。
また国岡さんのVoがやけに印象深く、前作までは元々声の線が細い為か雰囲気重視?との疑念があったのだけど、今作では上手いなあ...としきりに感心した。
ホント、全曲において捨て曲無し!と断言。中でも夜中に聴くと癒される「LIFE IS BLUES」や夕暮れ時のイメージが浮かぶ「SOUL OF JOY」、昔ながらのファンクチューンな「MONKEY COMMUNICATION」、シングルカットされた疾走感溢れる「LOVE MAKES ME RUN」などが好きだ。

それまで洋楽を散々聴いたのにも関わらず、また日本語で歌ってるにも関わらず、洋楽を意識している下手なバンドよりもよっぽど洋楽っぽく聴こえるのがホントに凄すぎる。こんな良いアルバムがアマゾンのユーズドで¥1とは何だか複雑な...いや、私にとっては定価以上の価値はありますぜ!

日テレ”FAN”出演時の「LOVE MAKES ME RUN」↓
http://jp.youtube.com/watch?v=1p3En-cxfHc

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MIDNIGHT SKYWAY / ICE (1998)

WE'RE IN THE MOOD / ICE (1996)

comment iconコメント

コメントの投稿