スネークス&アローズスネークス&アローズ
(2007/05/02)
ラッシュ

商品詳細を見る


これもリリース当初から「レビューする」と言いつつ、今まで書いてなかったですね(反省)。
発売前から「今年の期待アルバム」の一つでもあった、ラッシュの「SNAKES & ARROWS」。

まず、リリースが決まった時はHMVのサイトで情報を知ったのだけど、その時に見たジャケットにまず驚かされた。何だか、今までの路線とは外れちゃったのでは?と。
でもまあ、ラッシュのジャケットはいつも何だか訳の分からないモノが多いから、今回もまたその定説通りのモノなんだろう...と思っていたけど、今回のはちゃんと意味のあるモノらしいですね(個人的には、インナーのジャケの方が好きだけど/笑)。

で、楽曲の方は、リリースされてから今までの間に聴いてみた結果、感想は同じで「結構地味な作品」だと思う。
最初に一通り聴いてみた時は、先行シングルの「FAR CRY」が前作を踏襲した作りだったので、そのイメージに捉われて聴いたせいか「前作路線だな」と思ったモノだけど、何度も聴く度に前作のイメージが消えていき、残ったモノは「ちょっと違うかな?」と。
デビュー以来、ずっと頑なに続けてきた「4作品同じ音楽性を追求して、ライブ盤を節目にまた新たな方向性を追求する」スタイルは、ここ数年の活動とライブ盤乱発のお陰でもはや存在しない感じだけど、今のラッシュの音楽性はこれだ...と突きつけているモノがこのアルバムなのだから、枠に捉われずに聴くのが普通なんだろうな。

へヴィな音像にミドルテンポのメロディアスな楽曲...というのが、最近のラッシュの音楽性と私は思っているのだけど、正直今回のアルバムは中だるみが多い気がする。つまり、一度聴いただけでは理解出来ないモノが多いのだ。そう考えると「HOLD YOUR FIRE」や「POWER WINDOWS」あたりとは対極に位置するモノだと思う。
とはいえ「GOOD NEWS FIRST」からのラスト3曲では「COUNTERPARTS」あたりに入っていてもおかしくない、へヴィだけどアップテンポのメロディアスな楽曲あたりは普通にカッコイイ。

しかし、この3人の演ってる事は相変わらず凄いなあ...と(笑)。もう良い歳こいた人達なのに、何だろうか、この進化を止めない音楽性は?決して懐メロなんかには甘んじないプライドが滲み出ている作品だと思う。

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

INTO THE FIRE / BRYAN ADAMS (1987)

SYNCHRONICITY / THE POLICE (1983)

comment iconコメント

コメントの投稿