ペインキラー(紙ジャケット仕様)ペインキラー(紙ジャケット仕様)
(2005/07/06)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る


前回のメイデンの”何故、今まで書いていなかった”(書き漏れていた)レビューに続き、このバンドもまだ一度も登場していなかったのは「HM/HRがホントに好きなのか?」と、問われても仕方ない行為だろうなあ...(滝汗)

HM/HRを知らない人達から「メタルとは?」の問いには、間違いなくこのアルバムこそが答えだと薦める。それほどまでに首尾一貫HMに徹した音像。
発売当時はスラッシュ勢が猛威を奮っていた時期で、メタルゴッドがどんな新譜を作ってくるのか物凄く興味があって、実際初めて音を聴いた時には過去のアルバム以上のHMを提示してくれた時は感動的だったのを覚えている。
「TURBO」での大胆な音の変貌や「RAM IT DOWN」の(今思えば)存在感の希薄さ、更にPMRCの槍玉に挙げられた事柄など、それまでの鬱憤を全てこのアルバムで帳消しにしてくれたとすら思った。

まずスコット・トラヴィスのドラムの凄まじさに衝撃。テクニックも申し分なし、しかもへヴィでパワーもある。如何にもHMのドラマーという存在感がカッコ良く、ホントに良いドラマー入れたなあ...と納得。
他の4人もそれまで以上に力の入った熱演で、特にロブの歌唱は壮絶という言葉が当て嵌まるくらい凄まじいモノで、当時の年齢を考えるとホントに凄い事だな...と。
楽曲もとても重厚な作りで、「A TOUCH OF EVIL」のみがミドルテンポで進むくらいで、後は全て攻撃的なメタル。
特に「PAINKILLER」についてはもう説明不要でしょう。それまでの彼らには迷作の多かったビデオクリップも(笑)ここではそんな影すら見えない物凄くクールなクリップで、長い楽曲も気にさせないのは見事!
「METAL MELTDOWN」「NIGHT CRAWLER」「LATHER REBEL」「BETWEEN THE HAMMER & THE ANVIL」などは、今聴いても全く飽きさせないメタルで彼等の最高傑作だと思う。

賞賛の言葉しか書いてないけど、ホントに隙の無いアルバム。「SCREAMING FOR VENGEANCE」や「DEFENDERS OF THE FAITH」の路線を更に推し進めるとこの感覚になるのだろう。メタルの洗礼を受けた者は必ず避けては通れないアルバムである事は間違いないだろう。
しかし、こんな壮絶なアルバムを出した後にロブが脱退...って、当時はホントに納得いかなかったのを覚えている。あの時、脱退してなかったらこの路線を何枚か聴けたかと思うと残念で仕方がない。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GARDEN OF THE MOON / LANA LANE (1998)

SEVENTH SON OF A SEVENTH SON / IRON MAIDEN (1988)

comment iconコメント

コメントの投稿