ジェネレーションズジェネレーションズ
(2005/08/24)
ジャーニー

商品詳細を見る


もうそろそろこのバンドの新作が聴きたいトコなのだけど...umeさん情報だと、ジェフ・スコット・ソートは脱退して、後任が無名のフィリピン人という話らしいけど、YOU TUBEに上がっていた映像を観る限り、Voに対する不安は余り感じさせないのが救いだろうか。
そもそもジェフは何で降りて(降ろされて?)しまったのだろうか?アルバムに一度も顔を出さずに終わってしまったというのは、聴いてみたかった気もするし、コレで良かったのかも知れないし、何とも複雑な心境で...(苦笑)

そんなジャーニーの、現時点での最新作がこのアルバム。Voは勿論、スティーヴ・オウジェリー。
オウジェリーに関してはホントに素晴らしいシンガーだと思ってるけど、何で未だにスティーヴ・ペリーに未練がある人が多いのか理解出来ない。
そりゃスティーヴ・ペリーも黄金期を支えた素晴らしいシンガーではあるけど、メンバーの不和や2ndソロでの声を聴く限り、ジャーニーではもう既に限界だと思うし、「TRIAL BY FIRE」も好きなアルバムではあるけど、そのまま次作に続かなかったのも何となく理解出来るし。

そのオウジェリーの個性を活かした2枚のアルバムは甲乙付けがたい程素晴らしいけど、私的には僅差でこっちのアルバムに軍配。大した理由は無いけど、単純に好きな楽曲が多いって事で。
特に「THE PLACE IN YOUR HEART」「A BETTER LIFE」「BUTTERFLY(SHE FILES ALONE)」の3曲は秀逸で、ジャーニーとしてよりもバッド・イングリッシュ的な雰囲気が漂う感覚が心地良い。オウジェリーを褒めておいて何だけど、ジョン・ウェイトの声で聴いてみたい。

残念ながらオウジェリーは、喉の不調を理由にバンドを脱退してしまったけど、その喉の問題を克服して何らかの形で復活して貰いたい。このまま埋もれてしまうには余りにも勿体無い逸材だと思うので...
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE ESSENTIAL / CYNDI LAUPER (2003)

GARDEN OF THE MOON / LANA LANE (1998)

comment iconコメント

コメントの投稿