バック・イン・ブラックバック・イン・ブラック
(2008/10/22)
AC/DC

商品詳細を見る


今月は色々と買物が多くて、それに加えてメイデンのチケットも「やはり行かねば!」と思い、急遽取って(プレオーダーの席が悪いという話はオーダーしてから気付いたのだけど、それよりも確実に抑えておきたかったので、何とも複雑な心境である...)家計が大ピンチに陥ってしまった。
CDも出来るだけ抑えたつもりなのだが、見ると欲しくなる病はかなり重症...一生治りそうもないのか?
そんな中、以前から注文していたブツが今日届いた。AC/DCのDVD3枚組「PLUG ME IN」。
HMVで”DVD2枚買って25%オフ”に合わせて直ぐに予約したのだけど(因みにもう一つも以前から欲しかったブツで、詳細は後日)ホントにこの日を待ちわびた。
とりあえず1枚観たのだけど、ホントに凄い!感想は全部観てからココで書くつもりなので、詳細は抑えておきましょうか。

で、以前はボン・スコット時代の「POWERAGE」をレビューしたので、今度はブライアン・ジョンソン時代のモノを...と言ったら、このアルバムになってしまう訳で。

ボン・スコット急逝で、新シンガーにブライアンを迎えての初アルバムな訳だけど、バンドに普通に馴染んでいるのは物凄い不思議に感じた。前任者がバンドの顔でもあったのに、Voが変わって違和感が若干あるかな?と思いきや、まるで以前からそこにいるみたいな感覚。それだけハマった、という事なんだろうな。

楽曲も前作から踏襲した聴き易い音像なので、これもヒットした起因なのだろう。
オープニングの「HELLS BELLS」が、いきなり鐘の音から始まるあたり「ボン・スコットへの追悼歌」の意味合いも含まれているのだろうが、この曲以降はいつものAC/DC。
まあ、タイトル曲に関してはもう言う事は無いでしょう。超有名なリフな訳で、ロック好きでこの曲を知らない人はいないだろうし。
他にも、今でもライブで演奏されている「SHOOT TO THRILL」「YOU SHOOK ME ALL NIGHT LONG」は勿論、前作の「NIGHT PROWLER」タイプの「ROCK AND ROLL AIN'T NOISE POLLUTION」や、ノリの良い「GIVEN THE DOG A BONE」など聴き所満載。

因みに全世界で4000万枚売ったアルバムだそうだ。正に天文学的な数字だけど、果たしてAC/DCのファンがそんなに世界中にいるのだろうか?...ちょっと疑問。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BULLY / SUGERBOMB (2001)

SKID ROW / SKID ROW (1989)

comment iconコメント

コメントの投稿