ActuallyActually
(1990/10/25)
Pet Shop Boys

商品詳細を見る


この時期になると何故か聴きたくなるペット・ショップ・ボーイズの2nd「ACTUALLUY」(邦題:悲しみの天使)。
元々、CD化された時に確か中古で買ったCDをずっと聴いていたのだけど、昨年だか一昨年だったか、たまたまこのアルバムのリマスター盤がボーナスCD付きで輸入盤で出ている...という情報をキャッチし、色んなトコで探しても見つからず、結局アマゾンで1枚見つけた時は即ゲットした思い出が。

80’sをリアルタイムで聴いてた私にとっては、どーしても外せないので思い入れも大きいし、そーいった音楽がリマスターによって音が綺麗に聴けるというのは正に嬉しい限り。テクノポップなので、リマスターによって音の粒がハッキリと分かるほどクリアなのが素晴らしい。

しかし、今でこそ古臭く感じてしまう音像だけど、当時は結構斬新な音楽だったと思う。また英国出身だけあって、歌詞はお国柄シニカルで何処か醒めた感覚もあって「ただのポップソング」に成り立たなかったのも好きだった。「RENT」なんか良い例で、「あなたの事を愛してるわ、私の家賃を払ってくれるから」というのは、当時高校生だった私には結構ショックな歌詞で「こんな女とは絶対に結婚したくねーな」と心に誓ったモノだ(笑)。

ま、それ以上に楽曲のバリエーションはデビュー作よりも広がり「WHAT HAVE I DONE TO DESERVE THIS?」や「ONE MORE CHANCE」の様なポップな曲は勿論、IT COULDN'T HAPPEN HERE」みたいな映画音楽っぽい楽曲や(実際、映画にも使われたらしい)「KING'S CROSS」の物悲しいバラードも良い感じだ。

残念ながらこのアルバム以降、3rdは何だか内省的な雰囲気で穏やかになったり、後に大ヒットとなる「GO WEST」なんかはポップを通り越して派手に成り過ぎて、彼らには完全に興味が失せてしまった。
だからこそ、デビュー作と本作の出来が光るというのもちょっと皮肉めいたモノを感じたりするのだけど...
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LUPIN THE THIRD 「JAZZ」 / YUJI OHNO (1999)

EVERYTHING IN TRANSIT / JACK'S MANNEQUIN (2006)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

1stと2ndとこの時期にシングル先行で出た楽曲と・・・って考えると、この時期が旬だったのかな?って思います。ちょうどこの頃、全米ヒットと全英ヒットの乖離が大きくなってきた感が大きかったんで、「ディスコソングがチャートで偏重されるUK」「デビュー順位が最高位で後は堕ちていくだけのUK」と半分馬鹿にしてたんだけど、実は曲単位で聞くと良いのがいっぱいあるんですよね。特にPSBの良さはこの後に出る初期のベスト盤でより味わった記憶があります。(ニール・テナントがエイズで早死にするから今のうちに~っていうネタにも信ぴょう性がありましたしね。・・・まさか未だに元気ってのは予想もしなかったですが)

2017年08月13日 10:08

comment avater

K.A.E.

「WEST END GIRLS」がホントに大ヒットだったんで、次でコケるかな?と思ってたんですけど全然大丈夫でしたね。アルバム単位だと1stよりもこのアルバムの方が好きですし。とにかく曲が粒揃いで、未だによく聴く1枚ですよ。
なので、12インチverや未発表曲が入った2枚組リマスター盤買ったんですが、この前各アルバムのデラエディ盤を各自リリースするという発表がありましたね。このアルバムまで辿るのか分かりませんけど、出るなら1stは買いそびれたんで欲しいなあ。

ガンマ・レイが「IT'S A SIN」をカヴァーしましたけど、カイ・ハンセンが「ゲイボーカルはともかく曲が良いからカヴァーした」という発言で、それよかアンタの声の方を何とかした方が良いんじゃねーか?と内心思いましたね(笑)。あの声だけは許せないんですよ。

ニール・テナントのエイズ話は話題になりましたけど、当時は畑違いですがマジック・ジョンソンなんかもエイズで亡くなるのか...と思いきや未だに元気ですからね。フレディ・マーキュリーも生きていてくれたら...と思うとホント残念です。

2017年08月14日 00:35

コメントの投稿