エッセンシャル・シンディ・ローパーエッセンシャル・シンディ・ローパー
(2003/07/16)
シンディ・ローパー

商品詳細を見る


前回のPET SHOP BOYSのお陰で80’Sばかり聴いてるのだけど、そーいやこの人もまだレビューしてなかったな...と思い、早速久々にアルバムをチョイス。

しかし、表舞台から離れて以来、今まで何枚スタジオ盤出してるのかもよく知らないし、やはり歳と共に派手さが消え代わりに聴かせる楽曲が増えていったので、デビュー当時の強烈なインパクトを知る者としてはちと寂しい限り。
数ある80’Sのアルバムの中でも、間違いなく「SHE'S SO UNUSUAL」と「TRUE COLOR'S」の2枚は外す事は出来ない名盤であると思う。

でも今回レビューするのは、レコード会社の編集したベスト「THE ESSENTIAL」。
ま、シンディのベスト盤に関しては以前「GIRL JUST WANT TO HAVE FUN」(邦題:ハイスクールはダンステリア)のセルフカヴァーである「HEY NOW」がヒットした「TWELVE DEADLY CYNS...AND THEN SOME 」を出していて、そのベストも選曲が良いのだけど、こちらも負けていない。映画「グーニーズ」の主題歌である「GOONIS 'R' GOOD ENOUGH」が入ってるのが強みかな?でも、向こうにはビールのCMで使われた(本人も出ていた)「HOLE IN MY HEART」が入ってるしなあ...だけど、1stに入ってたプリンスのペンによる(本人もデュエットしてる)「WHEN YOU ARE MINE」が入ってるから、やっぱこっちか!(笑)

基本的に彼女の代表曲はほぼ網羅されていて、チェックしなくなってしまった4th以降も入ってるのだけど、コレが今聴くと結構良い味出してるというか...「HAT FULL OF STARS」や「SISTERS OF AVALON」なんかはそれまでの路線とは若干雰囲気が違うし(今更の話ではあるけど/苦笑)。言い換えれば、この路線がセールスに結び付かなかった原因なのだけど...

昨年だか、一昨年だったかサマソニかフジロックかどちらかのステージに上がってましたよね?日本にはまだ根強いファンが大勢いると思うので、クラブ規模でも何でも良いからもっとライブ演ってほしいし、良質な作品を作り続けてもらいたいモンです。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LOVELAND / JOHN SYKES (1997)

GENERATIONS / JOURNEY (2005)

comment iconコメント

コメントの投稿