marillion.commarillion.com
(2006/04/10)
Marillion

商品詳細を見る


先日のメイデンのライブのお陰で、通勤時はずっとメイデンばかり聴いてテンションを上げて、ふと家に帰って落ち着くと、疲れのせいかゆったりとした音楽が聴きたくなる。
そんな中、このブログも何を持って来ようか?と悩んだ時、同じ英国繋がりで久々にマリリオンをチョイス。しかも、ファンの中でもちょっと微妙な位置的なアルバムでもある「MARILLION.COM」。

結論から言うと、このアルバムは彼らのアルバムの中でも結構好きな方だ。
確かにそれまでのバンドの方向性とは一線を画す変わった作品でもあるけど、それはそれで素直に評価している。その予兆は前作から若干あった様印象を受けるけど、ここまでイメージを変えるとは全く予想はしていなかった。明らかにUKロックに当て嵌まる様な音楽性だもんなあ。
まあ前作ではブルースっぽい事も演ってたし、それに当時メジャーレーベルから離れてた事もあって自分達の好き勝手にアルバムを作れる事に喜びを感じてたのかな、と。
このアルバムで、一応古巣のEMIに復帰した訳だけど、正直いって売れる音とは違う気がする(笑)。
また、このアルバムに関してはよく「レディオヘッドみたいだ」という意見を聞くけど、私はそんなにレディオヘッドっぽいとは思わないなあ。前作で「FAKE PLASTIC TREE」のカヴァー演ったから?

楽曲に関しては、いつもの彼ららしさが出ている「GO!」と、穏やかに流れる様なメロディが心地良い「TUMBLE DOWN THE YEARS」が好きだ。エンディングを飾る、何処か物悲しい雰囲気を兼ね備えた「HOUSE」も秀逸。
上記3曲では余り感じられないけど、「A LEGACY」や「INTERIOR LULU」あたりで先の読めない曲展開には初めて聴いた時には驚かされたけど、何度も聴くとそれが結構クセになってくるのが面白い。

ジャケットも如何にも英国のバンドらしい雰囲気で良いし、前々作、前作をそんなに聴かなかった私にとっては久々のヒットだったけど、残念ながらこのアルバム以降日本盤は発売されていないんだよな...確かに地味だけど需要はあると思うので国内盤出してくれると嬉しいし、それが来日公演の布石になってくれればこの上ないのだけど...

GO!(LIVE)
http://www.youtube.com/watch?v=l_MUnQg7z5w&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NINE OBJECTS OF DESIRE / SUZANNE VEGA (1996)

LIVE AFTER DEATH / IRON MAIDEN (1985)

comment iconコメント

コメントの投稿