SportsSports
(1990/10/25)
Huey Lewis & The News

商品詳細を見る


前回のシカゴを聴いたら、このアルバムも聴きたくなってホント数年ぶりに引っ張り出した。
これはもう、ブルース・スプリングスティーンの「BORN IN THE U.S.A.」と並ぶ80年代のアメリカン・ロックを代表するアルバムと言っても過言ではないでしょう。私も当時散々聴きましたよ。

当時はチャートに目を通し、それこそラジオ・図書館・リクエストなどで片っ端から聴き漁って情報を得ていたので、このヒューイ・ルイスって人は何者なのだろうか?というトコから入っていった。
しかも、当時はマイケル・ジャクソンの「THRILLER」がバカ売れしてた頃で、アルバムチャートは暫くの間マイケルが独占していたのだけど、この「SPORTS」もずっと2位を離れずにいたのが気になって「そんなに凄いアルバムなのか?」と。
で、聴いてみたトコ、なるほどアメリカンなロックというのは正しくこういうモノを言うのだな!と納得。
オープニングの「HEART OF ROCK&ROLL」から、アメリカに行った事がなくても気分的には既にアメリカ的な感覚を教えてくれる。それはエンディングまでずっと変わらない。
そして楽曲も全てキャッチーなものばかりなので、何も考える事なく楽しめる。私的なお気に入りは「HEART AND SOUL」「WALKING ON A THIN LINE」「IF THIS IS IT」「BAD IS BAD」「FINALLY FOUND A HOME」。
特に「BAD IS BAD」は、当時は箸休め的なモノだと思っていたのだけど、今の歳で聴くとこういう曲が面白く感じるのだから意外なモノだ。
それに「FINALLY FOUND A HOME」なんか普通にビールのCMなんかに使えそうなイメージだ(というか、この人達の楽曲は殆ど使えると思う)。

続く次作「FORE!」収録の、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの主題歌「THE POWER OF LOVE」でまたまた大ヒットを記録する訳だけど、それ以降はパッとせず、既にこういった楽曲が古く飽きられた感もある彼等だけど、さすがにもうこういうモノは作れないかな?

「WALKING ON A THIN LINE」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Qj6Q22dtMTM&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SCARECROW / JOHN COUGAR MELLENCAMP (1985)

THE HEART OF CHICAGO / CHICAGO (1989)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

往年の声は期待しないけど30年前の感動を再び・・・

「Sports」も「Fore!」も聞き込みまくって後楽園球場ライヴにも行って(なぜかボネ太郎先輩もその日に見てたらしいけど)…紆余曲折あってからのThe Newsと組んでの来日。Journeyじゃないから「完全再現ライヴ」とかやらないでいいけど、この頃の曲はいっぱい聞きたいっすね。11月来日・・・スーパー繁忙期だけど「母の何回忌」とかで行ってみよっかなっと。(この前べリンダ・カーライル行くときも「法事」だったんだけど・・・)

2017年07月04日 02:24

comment avater

K.A.E.

私もその2枚は聴きましたね~。続く「SMALL WORLD」は何かフュージョンっぽい感じになっちゃって人気が落ちちゃったのも仕方ないのかな?と思いました。それがまさか今年来日公演あるとは意外でしたよ。未だに根強いファンがいるんでしょうね!

でも最近は余り聴かなくなっちゃいましたね。理由は分からないけど、やっぱバカ売れした宿命とでも言いましょうか、もう覚えに覚えちゃって当たり前過ぎるんですよね。変な理由ですけど(笑)。ブルース・ホーンズビーは今でもよく聴くんだけどなあ...

2017年07月05日 03:58

comment avater

地味JAM尊

評論家っぽい人は「Small World」褒めるけどつまんなかったな~それ以前は…

「大好き」なんだけど「飽きる」ってのはどーにもならんのですかね?
「禁断症状」は出るんだけど、軽く「服用」すると、お腹いっぱい・・・。

だから、色んな人の「音楽blog」とかみて幅を広げてるんでしょーがね(それは自分のことですが)。今度「It Bites」売ってたら買ってみますね。

2017年07月05日 14:08

comment avater

K.A.E.

要はその音楽の好みの問題や、その時の気分次第だと思うんですけど、聴いてて心地良いんだけど飽きちゃうのと、心地良くて飽きないモノの差は結構大きいと思います。私だってHM/HR系が好きでも朝っぱらから聴きたいと思う時はそんなに無いし、大好きなイット・バイツでさえ聴く気分というのはありますからね。

だから、自分の知らない音楽を紹介してくれる某音サンみたいな方や、ちょっとした気付きで聴いてなかったモノを提示してくれるボネ太郎サンみたいな方にはホントに有り難いと思ってるんですよね。
地味JAM尊サンだって私と同じく80sミュージック好きですが、多分私よりも80sの知識は多いと思いますよ。私がまだブログに書いてないミュージシャンを「何でまだこのミュージシャンを書いてない?」と思ってるでしょうしね(苦笑)。

イット・バイツは是非試してみてください。ボネ太郎サンも薦めてた2ndアルバムがお薦めですが、若干ハードな作りの3rdアルバムも甲乙付けがたいです。元々80年代のバンドなので何処か引っ掛かる部分もあると思いますし。
ただ、2ndアルバムの輸入盤は5曲しか収録されてないモノもあるので注意が必要ですね。

2017年07月06日 05:55

コメントの投稿