スケアクロウスケアクロウ
(2006/10/18)
ジョン・クーガー・メレンキャンプ

商品詳細を見る


ホントに今週は80’sばっか聴いているな...(苦笑)

ヒューイ・ルイスの様な派手で典型的なアメリカンロックも良いけど、一方でルーツに根ざしたシンプルなアメリカンロックをやらせたら天下一品のジョン・クーガー・メレンキャンプ。
私はこのアルバムで彼を知ったのだけど、当時の派手な装飾に飾られたゴテゴテのサウンドが主流だった時代に、ここまで無駄な音を省いてシンプルな泥臭い音でアルバムを作り、それがチャートを駆け上がっているサマを目にして、アメリカの奥深さを感じたモノだった。

まず、ジャケットが良い写真を使っている。モノクロのジョンが農地で思慮深そうにうつむいているだけのモノだけど、このアルバムを見事に表わしている。大好きなジャケットで、当時はアナログジャケを部屋に飾っていたなあ。
そして、この人を語るに絶対に外せないのが歌詞。このアルバムでは間違いなく「SMALL TOWN」でしょう。

俺は小さな町で生まれた
そして、そこに住んでいる
そして、そこで死ぬんだろう

俺は自分が何処から来たのか忘れない
俺は自分を愛してくれた人々を忘れない
この小さな町じゃ、俺は自分自身でいられる
それに、俺の好きな様にやっていける

大都市に住んでる人には絶対に書けない歌詞だし、またジョン自身が自分の立ち位置を絶対に忘れないという強い意志すら感じる。
以前レビューした「THE LONESOME JUBILEE」では、ちょっと大人目線になった歌詞が特徴だったけど、このアルバムではまだ自身の若さからくる”痛み”みたいなモノが見えて、この人は自分に嘘をつけない真っ直ぐな人なんだな...と思ったくらいだ。

私はこのアルバムを聴くと、映画「アウトサイダー」の世界観を思い出す。田舎町で仲間達とツルんで、色んな事で悩み、そして成長するというあの世界。多分、ジョンも10代の頃はこんな生活してたんだろうと思わせるほどリアルにリンクするのが面白い。

しかし、当時30代前半で「BETWEEN A LAUGH AND A TEAR」でのリッキー・リー・ジョーンズとのデュエットで、あそこまでの枯れたロックを聴かせるのは並大抵の事じゃ出来ないよなあ...恐れ入りました。

「SMALLTOWN」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=3eDkAG3R0h8
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

EPIPHANY / CHAKA KHAN (1996)

SPORTS / HUEY LEWIS & THE NEWS (1983)

comment iconコメント

コメントの投稿