ブロウ・バイ・ブロウ(紙ジャケット仕様)ブロウ・バイ・ブロウ(紙ジャケット仕様)
(2005/01/19)
ジェフ・ベック

商品詳細を見る


久しぶりに新品CDを購入。しかし、最近のミュージシャンや新作ではなくてこのアルバム(苦笑)。

以前レビューを書いた「JEFF BECK GROUP」の欄でも書いた事だけど、田舎のブックオフにふらりと入って中古CDチェックしてたら、いきなりジェフ・ベック関連の紙ジャケがずらりと並んでいて、それまでそんなに興味なかったのに「それじゃそろそろ聴いてみようか?」という事で、この日は前述の「JEFF BECK GROUP」を...そして、日を改めてジェフ・ベックのアルバムで名作とされている「BLOW BY BLOW」「WIRED」「THERE AND BACK」を購入しようと、意気揚々で家から約30kmある田舎のブックオフへ向かったのだけど、残念ながらこのアルバムだけはもう既に消えていた。
折角、紙ジャケで2作は買ったのに肝心なモノがプラケースじゃあ...と、ヤフオクなどで探しては見るものの、既に廃盤だったので定価以上の金額が付けられていて手は出せない状態...

仕方ないから根気よく探すか...と、地味に探しているトコに朗報。何とソニーが紙ジャケ盤の再発を発表して、そのラインナップに見事このアルバムも入っていたのだ。「今度こそ逃してなるモノか」と迷わず購入。
宇都宮市内のタワーレコードで買ったのだけど、それは何と前回の紙ジャケ盤で今回の再発盤のモノではなかった。在庫抱えてたならさっさと店頭に出してくれよ~、お陰で散々探し回ってしまったじゃんかー#

しかし、とりあえず買えて良かった。で、初めて聴いたのだけど、正直今の音楽を聴いてるモノとすれば当然の事ながら目新しい事は特にない。だけど、発売当時に聴いたら確かに凄さは感じるだろうし、名作と謳われるのも分かる気がする。お気に入りは最後の「DIAMOND DUST」。しっとり聴かせる美しい曲だ。
私はスティーヴ・ヴァイの「PASSION AND WARFARE」を思い出した。両方共、ギターの可能性を存分に引き出したアルバムだし、歌が入っていないインストアルバムだし。

紙ジャケには、当時のレコード盤の帯が再現されているのだけど、このアルバムの邦題が「ギター殺人者の凱旋」。...全然そんなイメージじゃないんですけど...
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BLACK ROSE A ROCK LEGEND / THIN LIZZY (1979)

EPIPHANY / CHAKA KHAN (1996)

comment iconコメント

コメントの投稿