いけないチェリー・パイいけないチェリー・パイ
(2004/07/22)
ウォレント

商品詳細を見る


まだまだ出てくる80’Sメタル...ってな訳で、このバンドも久しぶりに聴きましたよ。いやあ懐かしいですねー、ウォレント。

実は1stアルバムの頃からチェックはしてたけど、その頃はかなり否定的に見ていたなあ。理由は単純、アイドルバンドだと思っていた為。ルックスに加えて、楽曲も女子供向けだと思っていたし(と、当時子供だった私が言ってみる/爆)確か初来日のクラブ公演でフェンスが崩れ将棋倒しになり、あわや大惨事になる寸前だったとかで「やっぱアイドルの人気は凄いんだな」と勝手に納得したりしていたし。

そんな勝手に植えつけたイメージを、少し肯定的に変えてくれたのがこの2nd「CHERRY PIE/邦題:いけないチェリーパイ」(←ナイス邦題!/笑)。
ジャケット見た時は「ああ、やっぱ狙いはそこかー」と思ったモノで、これならCDチェックしなくても良いや...なんて思ってた時、当時TBSで早朝放送してたMTVで「CHERRY PIE」のクリップが流れて、何気に聴いてたらメロディが耳に残ってしまい、何時の間にか口ずさむまでに...(大汗)
「そ、それならアルバム聴いてみようじゃないか」(←ここでもまだナメてかかっている)と買って聴いたら、コレがよく出来たアルバムで驚かされた。「UNCLE TOM CABIN」や「BLIND FAITH」あたりではちょっと哀愁を感じさせる部分もあったりで、バンドのイメージと合ってない気がしたけど楽曲はカッコイイし、必殺のバラード「I SAW RED」も売れ線狙いが見え見えなんだけど、その思惑に見事ハマってしまったり(笑)、「BED OF ROSES」や「MR. RAINMAKER」では華やかな爽快感に包まれる...と、半分近く好きな曲ばっかじゃん!(笑)

しかし、続く3rdアルバムではかなり硬派な音作りでこれまたイメージを変えたのだけど、これは正直好きになれなかったな。イメージ的にはポイズンが2nd~3rdアルバムで見せた変化を期待してたので、こうも違うと失望しかなかったな。

未だにバンドは存続してるみたいだけどVoのジェイニー・レインは脱退して、ブラック&ブルーのVoが入ったとの話らしい。イメージが違うけど、如何なモノなのだろうか?
そのジェイニー・レイン、何処かで最近の写真見たけど物凄くデ●ってしまって昔の面影は何処へやら...あの体系ならバンドにいなくても良さそうだけど(爆)。

「CHERRY PIE」のクリップ
http://www.youtube.com/watch?v=GdDxz2bkfhE

「I SAW RED」のクリップ
http://www.youtube.com/watch?v=9dnIlky9DQ8


スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このバンドのこの1曲 : 80’S HR/HM編

DANGEROUS TOYS / DANGEROUS TOYS (1989)

comment iconコメント

コメントの投稿