グッド・トゥ・ビー・バッドグッド・トゥ・ビー・バッド
(2008/04/23)
ホワイトスネイク

商品詳細を見る


久々の更新となってしまいました。ちょっと火曜日から体調崩してしまい、仕事も休んで安静にしてたんですが、実は未だに快方してません。風邪からくるもので、微熱がずっと続いて頭痛と腹痛を伴うモノなので薬飲んで直ぐにケロッと治る感じではなく、ちょっと気を抜くとまた戻ってしまう厄介なモノなので、早く治って欲しいんだけど...

しかし、このアルバムは今年リリースの中でかなり楽しみにしていたモノなので、今日は朝からタワーレコードで即買いに行きましたよ。ちゃんとタワーのポイント2倍に併せて(笑)。
前評判は余り良いものではなくて、その中心が「ダグ・アルドリッチが~」的な事ばかりで、聴く前からそんなに叩くなら、アンチはギターがダグに変わった時点で見放せばいいじゃないか、とすら思うけど。私はどちらかというとカヴァデールの声の方が心配だったので、発売前にumeさんから教えて貰ったMY SPACEでの3曲を聴いてとりあえずは一安心だったな。

で、早速聴いてみたのだけど、今更「1987」と同等のクオリティを求めるつもりはないので(アレはジョン・サイクスと一緒に作らない限り無理だろうし...いや、今のサイクスでも結構危ない??)コレはその「1987」以降のアルバムの中では一番聴き易いと思う。まあ、他のアルバム自体が音楽性から何から変わった部分も多いので、比較するのも何なんだけど。

第一印象は「カヴァデールの声が変わったのか?」。インナーにも書いてあったけど、御大自身「今までとは違う新たなキーで歌う事にチャレンジしている」との事らしいけど、「'TIL THE END OF TIME」で聴ける声が大好きな私としては、ちょっと変な感じ(笑)。まあ、これは聴きなれないとずっと付きまといそうだけど。

で、ダグに関してはアンチが言う通り、確かにソロ部は余り印象に残るモノはないけど、全体的には良い雰囲気を持っていると思う。「A FOOL IN LOVE」の様なブルージーな曲での早弾きはちょっと抑えてもらいたいけど、そもそも今はこういうギタリスト自体が少ないのが事実だから、ダグには頑張って貰いたいな。

中でも気に入ったのは「ALL I WANT ALL I NEED」「GOOD TO BE BAD」「LAY DOWN YOUR LOVE」「SUMMER RAIN」「'TIL THE END OF TIME」あたりかな。まだ数回しか聴いていないのでもっと増えると思うけど。

かなりの力作であると思う。後はライブに期待だけど、前回はトミー・アルドリッチがドラマーだったけど今回スティーヴ・ヴァイのトコにいたクリス・フレイジャーに変わってどんな感じになるか...トミーも嫌いじゃないけど、違うドラマーで観たかったので良い機会だと思う。
噂では、デフ・レパードとのジョイントツアーでそのまま日本に来るという話もあるみたいなので、かなり期待したいな。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PASSION AND WARFARE / STEVE VAI (1990)

HTP / HUGHES TURNER PROJECT (2002)

comment iconコメント

コメントの投稿