ドクター・フィールグッド(紙ジャケット仕様)ドクター・フィールグッド(紙ジャケット仕様)
(2005/10/26)
モトリー・クルー

商品詳細を見る


来月、いよいよ新作が発売されるモトリー・クルー。新曲のクリップをYOU TUBEで観たのだけど、ちょっとダークで地味めな感じがするけど直ぐにモトリーの曲だと分かるのはさすが。まだ1曲なので判断は出来ないけど、この時期にどんなモノを提示してくれるのか楽しみにしている。

で、彼等の最高傑作と言えば、問答無用でこのアルバムでしょう!もう語りたい事は山程あるのだけど(笑)このアルバムが発売された当時、リアルタイムで体験出来た事にまず感謝したい。エアロスミスの「PUMP」も同時発売で、CD屋に予約してあったのを取りに行って2枚共名盤だったという(しかも2枚共時代を象徴するアルバムと言っても過言ではない作品だし)こんな経験はこれまでにこの時しか味わっていない。当時はウォークマンで通勤する時、必ずこの2本持っていたなあ。

とにかく演奏、曲構成など全てにおいて見事にそれまでの活動の集大成といったアルバムで、それまでのバンドにはヴィンス・ニールが交通事故で刑務所に服役したり、ニッキー・シックスが前作のツアーで仮死状態に陥ったとか、そのニッキー・シックスに替え玉がいたとか必ず何かしか問題があって音楽が二の次になっている部分が多かったと思う(まあ、そんな事がありながらも「HOME SWEET HOME」みたいな名曲作ってるのだから凄いんだけど)。

それで、それまでの悪癖だった酒やドラッグを絶って音楽に集中した結果がこのアルバムなのだから、ホントに只者ではないんだよなあ。先にシングルカットされた「DR.FEELGOOD」のクリップを観て、一発で気に入って今度のアルバムは凄いんだろうなあ...なんて思ってたら、全曲シングルに出来るクオリティで更に驚かされたし。
曲に関しても、何かいちいち解説するのも全く意味がないくらいなのだけど(苦笑)ホント、これは聴いて感じる事だけが全てだと思う。それまでHM/HRを聴いてきてこのアルバム聴いて何も感じないなら、今まで何聴いていたんだ?と問いただしたいくらいだ(爆)。

久しぶりにアルバム全曲通しで聴いたけど、やはり非の打ち所が無い完成度だと思う。当時、コレ聴きながらモトリーのTシャツ着て、原チャリ乗って着た北関東の田舎町で「GIRLS×3」気取りだった青春時代が懐かしい...(赤っ恥ともいう/赤面)

中でもこのクリップが一番のお気に入り↓
http://jp.youtube.com/watch?v=n9sEBBCIZ54
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE ESSENTIAL / DON JOHNSON (1997)

PULL / WINGER (1993)

comment iconコメント

コメントの投稿