The EssentialThe Essential
(2003/10/14)
Don Johnson

商品詳細を見る


ちょっと間が空いてしまいましたが、何て事はなく単に以前買った「マイアミバイス」のTV版シーズン3を観始めてしまった為に疎かになってしまいました。
今はTVで見たいモノが全くなくなってしまったので、たまにレンタルで映画のDVD借りたり、スカパーでスポーツやアニメを観たりしてるので、最近のTV情報にはかなり疎くなってしまっているのだけど、ここに来て20年前のドラマ観てるのがまた懐古趣味というか何というか...
とにかく、仕事から帰宅して夕飯食って一息つく時に1話観るのが楽しみなのだけど、ホントに完成度高いドラマだったなあ、と改めて実感。

で、主演のドン・ジョンソンが当時「米国一セクシーな男」と称されてテングになってた頃(笑)、調子こいてアルバムまで作ってしまったのだ。しかも2枚も。このアルバムはその2枚のアルバム「HEARTBEAT」「LET IT ROLL」からの選曲で、全16曲収録のドイツ盤。
ホントはアナログの「HEARTBEAT」を持っているのだけど、プレイヤーが無いのでCD欲しいなあ...と思ってたのだけど、現在では入手は困難で必然的にこのアルバムしか売ってないのだけど、「HEARTBEAT」からの楽曲はほぼ網羅されていて、しかも金額が約¥900(私はHMVの輸入盤3枚で25%オフで買ってこの金額)なら持ってて損はないだろうと。

日本でもそうだけど、俳優がアルバムを出す時はその歌唱力が問われる事になるけど、DJのVoはお世辞にも上手いとは言えないけど意外と悪くはないし、何よりマイアミバイスの雰囲気を醸し出しているトコに好感が持てる。なので海岸沿いあたりをドライブするには良い雰囲気のアルバムで、ドラマの世界観が好きな人達には堪らないモノがあると思う。ただ、当時の本国のレビューではBOREに選出されていたのは内緒の話だ(笑)。

またアルバムに参加したミュージシャンがかなり豪華。ドラマにもゲストで出演した大御所ウィリー・ネルソン、ストーンズのロン・ウッド、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ドゥイージル・ザッパ(クリップにも出演)、マイケル・デ・パレス、ジョー・リン・ターナー(...何故?)、スティーヴ・ジョーンズ、シカゴのビル・チャップリンなど。曲作りではボブ・シーガー、トム・ぺティ...どんな人脈してんだよ??(笑)

シングルの「HEARTBEAT」は勿論、続く「VOICE ON A HOTLINE」でのアダルトな雰囲気が堪らない(クリップは如何にも...)。「THE LAST SOUND LOVE MAKES」や「GOTTA GET AWAY」のハードな演奏も気持ち良い。

しかし、ドラマの2枚目俳優でアルバム作って歌まで唄ってゴールドディスク獲得したりと、当時のDJはホントに相当モテたんだろうなあ...と。さすがにここまでビッグになってしまって天狗になるのも判る気がする。お陰で最近は全くパッとしなくなっちゃったしなあ...


「HEARTBEAT」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=mWXmIOwurKI
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LOVE + WAR / LILLIAN AXE (1989)

DR.FEELGOOD / MOTLEY CRUE (1989)

comment iconコメント

comment avater

地味JAM尊

そんなに売れてたんですか

うちには輸入盤の「SingleCD」があったりします。しかし2枚目のアルバム出してたとは・・・舘ひろし「泣かないで」みたいなもんかな?もしくは寺尾聡。

2017年06月20日 03:32

comment avater

K.A.E.

最近はかなり恰幅の良いオヤジになってしまいました<DJ

結構売れたみたいで、ビルボードのシングルチャートで5位まで行きました。アルバムはゴールドディスク獲ってた気がします。
「マイアミ・バイス」は大好きだったんで、この曲もその雰囲気が漂ってるので好きでしたね~。でも正直2ndはピンと来なかったんで、このベスト盤も1stの曲ばっか聴いてます(苦笑)。

でも俳優が歌うと、そのドラマの雰囲気に合わせたモノが作られるのはどこの国でも同じなんでしょうね。まあ「ルビーの指輪」が西部警察の雰囲気かと言われるとちょっと?ですが(笑)。でもあの曲何であんなに売れたんですかね??

2017年06月20日 06:22

コメントの投稿