RAINMAKERRAINMAKER
(1995/04/10)
フェア・ウォーニング

商品詳細を見る


このアルバムも今日みたいな夏の暑さにぴったりな雰囲気を持つ、非常に熱いアルバムかと。フェア・ウォーニング渾身の2ndアルバム「RAINMAKER」。

デビューアルバムであれだけの完成度を誇った彼等の新作...という事で、発売前から非常に期待していたアルバムだったけど、実際に聴いてみて1stほどの衝撃は感じられなかった。
まあ、アルバム全曲名曲と言っても過言ではない1stアルバムを超えるのは並大抵の事じゃ揺るがないから仕方ないけど、それを差し引いても彼等らしさを十分に感じるアルバムであった事には間違いない。つまりハズレではなかった、と(笑)。

彼等にしては珍しいブルージーな雰囲気のバラード「TOO LATE FOR LOVE」、爽やかな夏の雰囲気を感じるポップな「THE HEART OF SUMMER」、私的に彼等の楽曲の中でかなり上位にランクされる「DON'T GIVE UP」、日本的な切ないサビが魅力的な「ANGEL OF DOWN」、第一弾シングルで如何にも彼等らしいHRアンセム「BURNING HEART」、その「BURNING HEART」の余韻を哀愁というカタチで引き摺る「WHAT DID YOU FIND」、日本盤ボーナスにしてはコレが無いとアルバムが引き締まらない(爆)心が潤う「RAIN SONG」が私のベストソングかな(...多すぎる...)。

また楽曲の良さに加えて、トミー・ハートのボーカリストとしての説得力がかなり増したのもプラス要因かと。そりゃ1stアルバムでも歌の上手さは光っていたけど、このアルバムの比較的地味な楽曲でも彼の存在感が圧倒的なのはそれだけ表現力が増したという事なのだろう。ホントに良いボーカルだよなあ。

以前、私は3rdアルバムまではどれも甲乙付けがたいとコメントした事があったけど、アルバム全体の完成度としてはこの2ndアルバムが低いと思っている。アルバムの中間がミドルテンポの楽曲が続くので幾分中だるみを感じる事が理由なのだけど、楽曲単位だと先述した楽曲なんかはホントに素晴らしいし、ライブで外せない定番曲も多いし。

ま、何はともあれこの2ndアルバムも良作に仕上がったのだけど、彼等は次作3rdアルバムで更なる高みに駆け上がっていったのにはホントに恐れ入ったよなあ...

「BURNING HEART」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=2v6hmi2QVQY
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TEN /TEN (1996)

...TWICE SHY / GREAT WHITE (1989)

comment iconコメント

コメントの投稿