Two Steps from the MoveTwo Steps from the Move
(1990/10/25)
Hanoi Rocks

商品詳細を見る


今週前半は風邪が酷く、後半は毎晩がサンダーライジング状態だった為(笑)久々の更新となってしまいました。

その間、ウチでは毎日音楽を聴く事は怠ってはいないものの、民放のTVは面白くないし、かと言ってスカパーばっか観ていても、雷と豪雨続きでは受信が上手くいかず観られなかったりするので、久々にライブビデオやクリップ集などを観て過ごしていて、その中で久々にハノイ・ロックスが出てきたお陰でちょっと久々に聴き込んでるトコなんですよ。

そんな事で、通算5作目にして解散前のアルバム「TWO STEP FROM THE MOVE」。
私はマイケル・モンローが「NOT FAKIN' IT」リリースした時に、ハノイを後追いで聴き始めたのだけど、その当時は何故かこのアルバムにはそんなに思い入れは無かった。
いや、シングルになった「UP AROUND THE BEND」や「BOULEVARD OF BROKEN DREAMS」あたりは勿論大好きだし、「HI|GH SCHOOL」のテンションの高さは(必然的ではなかったにせよ)解散する前のバンドのモノではないだろう?と思ったくらい最高なのだけど、ハノイのアルバムにしてはやけに小奇麗にまとまり過ぎてる感じがするのだ。
前作の様にチープだけど何処か惹き付ける魅力が消えて、その代わり貫禄が出てきて安心して聴ける部分が多くなってしまったのだろう。CCRのカヴァー曲「UP AROUND THE BEND」がアルバム冒頭に収録されるというのも、ちょっと意表を付く感覚だし。
でもまあ、完成度の高いアルバムである事は間違いない。最高傑作に挙げる人が多いのも頷けるけど、私的にはもっと荒くてへヴィでも良かったのではないかと思う。

このアルバムでのアメリカツアー中に、ヴィンス・ニールの運転した車に同乗していたラズルが事故で亡くなるという悲劇があった為、バンドは建て直しを図るも耐え切れず解散してしまう訳だけど、当時の英国の新聞でのこのアルバムのレビューには「TWO STEP FROM THE HEAVEN」と書かれた記事を見た事があるけど、何かこの事故を暗示しているみたいで何とも言えない気分になったなあ。

でも、もしこの事故がなく、順調にツアーを続けて活動していたら今頃どんな事になっていただろうか?LAメタル全盛期直前、ホントに出てくる時期が早過ぎたバンドだったんだなあ...

「MILLION MILES AWAY」(ラズルの追悼ライブの時?)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=NysgHUZtoXA

「BOULEVARD OF BROKEN DREAMS」(悪名高い(?)ノッティンガムライブ)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=61Pd5zO7NgI&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NO MORE TEARS / OZZY OSBOURNE (1991)

TEN /TEN (1996)

comment iconコメント

コメントの投稿