Lost in SpaceLost in Space
(2002/09/23)
Aimee Mann

商品詳細を見る


いつかバックカタログを全て揃えたい...という野望を持っているエイミー・マンのアルバム。
このアルバムは偶然にも近所の市内の図書館にて置いてあったので、問答無用で借りてきた。次に買うのはジャケが好きなこのアルバム...と決めていたのだが、タダで聴けるのなら文句あるまい(でも、いつかはCD買うけど/苦笑)。
実は昨日、何気に入ったCD屋で新品半額セールをやっていて、このアルバムの前作にあたる「BACHELOR NO.2 OR, THE LAST REMAINS OF THE DODO」があったので、コレも勿論即買いしたのだけど、まだまともに聴いていないので(マリリオンの新作が到着したのでそっちに気を取られたのが原因/笑)まずはこっちから。

以前レビューしたライブ盤は正にベスト・オブ的な内容だったので、収録されていて気に入った楽曲をチョイスすると「THE MOSS」「HUMPTY DUMPTY」「PAVLOV'S BELL」「INVISIBLE INK」といった曲はこのアルバムに収録されていて、オリジナルはどんな感じなのだろう?と興味があったのだけど、全体的には少し肌寒い今の時期にピッタリなイメージで、何処か切なく、そして何処か暖かい雰囲気が漂っている不思議な感覚を感じられた。

ホントにこの人の楽曲は不思議な感じで、仕事に疲れた時に軽く流しているだけでも癒されてる感覚があるのに、歌詞とか読むと結構辛辣な事が書かれていて痛みを感じる事もあったりするという。それでも何度もリピートしてしまうのは、ホントに中毒性がある証拠なんだと思う。
前述の4曲は勿論のこと、他にもちょっとメルヘンチックな(といっても、ほんのちょっとだけど)「REAL BAD NEWS」や「TODAY'S THE DAY」での切ないメロディ、「GUYS LIKE ME」の後半の切ないギターソロなど、ふとした瞬間にスッと心を掴まれる小技が多いのもこの人の特徴だと思う。

最近新作を発表したばかりだけど、まだ過去の作品を全て聴いていないのでそっちは暫くおあずけになりそうだけど、どのアルバムから手を付けても何かを感じさせてくれるミュージシャンはそう多くはないので、これから聴く事になるであろう他のアルバムも非常に楽しみだったりする。

「TODAY'S THE DAY」ライブ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=PtebTOLbBq8&feature=related

「PAVLOV'S BELL」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=Dr08SIHELV8

「HUMPTY DUMPTY」スタジオライブ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=Pwk5aMq_UGY&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このバンドのこの1曲:色々とお薦め編 VOL.1

RUMBLE / TOMMY CONWELL & THE YOUNG RUMBLERS (1988)

comment iconコメント

コメントの投稿