以前、このテのネタを一度だけ80’S HM/HR編と称して使いましたが、今回のは私が初期のレビューした中でYOU TUBEのリンクを貼ってないモノをチョイスしてお薦めとして見て欲しい、というモノをお送りします。


「DEVILS STOMP」 / BADLANDS
http://jp.youtube.com/watch?v=h86Biyx1-dk

コレは最近チェックしたモノで、当時ピュアロックにてオンエアされたモノ。この映像を何でビデオに残しておかなかったのか?とモノ凄く後悔したくらい見たかったで、こうしてまた見られるのがホントに嬉しい(号泣)。
アルバムではエッジをかなり抑えた音作りだったので、このスタジオライブの生々しく荒々しい音がホントにカッコ良くて感動したくらいだ。...しっかし、アルバムの方は何であのプロデュースなんだろうか?正にジェイクの真骨頂!


「HOW DID I GET BY WITHOUT YOU」 / JOHN WAITE
http://jp.youtube.com/watch?v=81yj1-RFolU&feature=related

コレも最近までクリップがあった事すら知らなかったモノを発見。バッド・イングリッシュ解散後、ソロに戻ったジョン・ウェイトのソロ作「TEMPLE BAR」からの曲。産業ロックの派手なバンドから一転して、地味だけど何処かポジティヴな気分にさせてくれる楽曲は、彼のキャリアと同様に”祭りの後”的な雰囲気も感じられて現実的で胸を打つ。秋から冬に入る時期、または冬から春に入る時期にはイメージがピッタリ合う雰囲気の楽曲だと思う。


「ORPHEUS」 / ASH
http://jp.youtube.com/watch?v=zB6X1h6eGTc&feature=related

たまに聴きたくなるバンドの筆頭アッシュ。それも決まってシャーロット在籍時のモノばかり...というか「FREE ALL ANGELS」か「MELTDOWN」なんだけど(笑)。「FREE ALL ANGELS」のレビューはまだ書いてないので、その時にクリップは紹介するとして、「MELTDOWN」の中からこの曲をチョイス(音ズレまくってるけど)。何でこの曲かというと、単にシャーロットのコーラスが良い味出してて大好きだから(笑)。...いい加減、シャーロットをバンドに戻しておくれよ...


「ORIENTAL BEAT」 / HANOI ROCKS (ALL THOSE WASTED YEARS)
http://jp.youtube.com/watch?v=Ik0n5ZYzl5Y

先日解散を発表したばかりのハノイ・ロックス。数あるロックバンドのライブアルバムの中で私が一番大好きなアルバムの映像版なのだけど、もうコレは観ていただければ分かる通り、演奏の上手い下手で語る以上に”何か”を感じさせてくれると思う。彼ら自身もこのカッコ良さを超える事はまず無理だし、あの当時だからこそのモノもあるんだろうなあ。オープニングのルーズな「PIPELINE」がめちゃくちゃ最高!


とまあ、脈絡も何もない4曲をチョイスしました。またそのウチVOL.2もチョイスします(というか、他に映像でチョイスしたモノが結構出て来てるんですけど.../苦笑)。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BEAUTY & CRIME / SUZANNE VEGA (2007)

LOST IN SPACE / AIMEE MANN (2002)

comment iconコメント

コメントの投稿