FC2ブログ

Happiness Is the Road, Vol. 1Happiness Is the Road, Vol. 1
(2008/10/28)
Marillion

商品詳細を見る


今年発売のアルバムの中で、私が最も期待度の高かった新作はこのマリリオンなのだけど、昨年発表した「SOMEONE ELES」のリリース時に宣言していた「来年新作を発表する」という公言は見事に果たしてくれました。
しかも2枚同時リリースとは全く予想をしていなかった上に、こんな短い間隔でアルバム2枚分の楽曲を作ってしまう多作な彼等はホントに凄いな...と改めて驚かされた。

さて、前作がかなりお気に入りで未だにちょこちょこ聴いていたりする身分としては、今回のアルバムは一体どの様な感じになっているのかが一番のポイントなのだけど(というか、マリリオンに関してはいつもこの部分が重要になるのだけど)まずこのVol.1では全体的に地味だけど、落ち着いていて、穏やかで優しいメロディで覆われている印象を受けた。過去のどのアルバムとも比較するには焦点が定まっているので(2枚組だから意図的だとは思うけど)一気にアルバム1枚聴けてしまうのが、このアルバムの強みではないかと。

幻想的な「DREAMY STREET」から吸い込まれる様に「THIS TRAIN IS MY LIFE」に入っていく構成はホントに美しいの一言。「NOTHING FILLS THE HOLE」では何処かレトロで懐かしい雰囲気に浸れるし、清々しい開放感を感じる「WOKE UP」やアルバムタイトルそのままのイメージを感じる「ESSENCE」(だからVol.1のサブタイトルに付いているのかな?)などの佳曲がひしめく中で、このアルバムのハイライトは間違いなく10分間のタイトル曲だろう。時間の長さを感じさせない曲構成が見事!途中で入る切ないメロディが心に響く。ボーナストラックの「HALF EMPTY JAM」だけなんかラフでイメージが違う感じがするけど、あくまでも隠しトラックって事で...(笑)

でも、このアルバムを聴いて思ったのは、バンド自身がレコード会社に縛られずに自由にアルバムを作れる環境にあるという事はかなり利点ではないだろうか?確かに運営とかは大変そうだけど、バンド自身が何から何まで自分達で決めて発表するというのはミュージシャンにとって最高の環境なのだろうし。
ま、そのお陰で日本では輸入盤に頼るしかないのが現状なのだけど(涙)彼等が彼等らしい作品を作ってくれる事がファンの望みでもある訳だから、ホントにこのバンドの精神性は素晴らしいと思う。

「HAPPINESS IS THE ROAD」↓
http://jp.youtube.com/watch?v=9ONawgzTIHg&feature=related
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PARALLELS / FATES WARNING (1991)

BEAUTY & CRIME / SUZANNE VEGA (2007)

comment iconコメント

コメントの投稿