Happiness Is the Road, Vol. 2Happiness Is the Road, Vol. 2
(2008/10/28)
Marillion

商品詳細を見る


さて、前回のVol.1と同時発売であるVol.2の方を今回はチョイス。因みにサブタイトルは”THE HARD SHOULDER”。

Vol.1の方は地味でありながらも優しいメロディの佳曲が多い...という印象を受けたけど、このVol.2の方では若干だけど楽曲のメリハリが強い印象を受けた。全体的にはオルタナ風UKロックと言ったトコだろうか。
同じタイトルでコンセプトアルバムでありながらも、サブタイトルを付けて分けてリリースした事も(ただし公式サイトでは併せて販売しているけど)何か意図的な理由もあるのだろうけど、いまいち実態が見えてこないと言うのが正直な気持ちである。歌詞の方で何か理由とかあるのかな?

1曲目の「THUNDER FLY」が明るく弾けた楽曲なので、明らかにVol.1とは印象が異なるイメージを受けると思うけど、アルバムの中間に配置された「OLDER THAN ME」や「THROW ME OUT」あたりは普通にVol.1に収録されていても違和感が全く無いかなと思う。
私的には「THE MAN FROM THE PLANET MAZIPAN」が今回の2枚の楽曲の中では一番好きで、始まりはシンプルに始まるのに途中からドラマティックになり、ラストのパートで曲調がガラリと変わって盛り上げる構成が素晴らしい。
続く「ASYLUM SATELLITE #1」での後半のギターが如何にもプログレ聴いてるという雰囲気にさせてくれるのも良いし、「ESPECIALLY TRUE」で最初から切ないフレーズが炸裂するトコに感傷的になってくる。MY SPACEで先行視聴出来た「WHATEVER IS WRONG WITH YOU」も、アルバムのこの位置に収まると違和感は感じさせない。

しかし、何でバンドはアルバム全曲をファイル共有サイトにて無料でダウンロード出来る様な、他のバンドにとっては(どのバンドとは敢えて言わないけど/笑)絶対にやらない事をやったのだろうか?
コアなファンならCDは間違いなく買うけど、バンドに興味があって聴いてみようか?と思ってる人達にとってはこれ以上美味しい話はない訳で、ダウンロードしただけでCDは買わないという人達だって絶対にいるハズなのに(まあ、音質に関しては結構落としてるらしいけど)。それだけ自分達の音楽に自信を持っているという証なのだろうか?
レディオヘッドがダウンロード購入者に値段は個人で付けてくれという画期的な事をやってのけたり(あれ?ナイン・インチ・ネイルズもやってましたっけ?)最近じゃ従来の売り方じゃダメだって事なのかな?ダウンロードで購入する事に未だに抵抗がある私にとってはいまいち理解出来なかったりする話だけど...

「WHATEVER IS WRONG WITH YOU」
http://jp.youtube.com/watch?v=mUXB7VssM_g
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CRANK / THE ALMIGHTY (1994)

ANTHROGY : NO HIT WONDERS (1985-1991) / ANTHRAX

comment iconコメント

コメントの投稿