FC2ブログ

Night SongsNight Songs
(1990/10/25)
Cinderella

商品詳細を見る


今日はクリスマス。
毎年書いている事だけど、この日にぴったりな音楽はないものか?と一応CDラックをチェックするのだけど、甘ったるい曲でメロウに過ごすか、それとも激情に身を任せて思いっきりアタマを振るか...と色々チョイスに困ったりするけど、考えてみりゃ良い歳こいてクリスマスに何を聴くか?で考えるまでもないだろう、と(じゃあ困るなよ.../苦笑)。血迷ってもワム!と山下達郎だけは絶対に無いけど。

ってな訳で、先日のドッケンで久々に火が点いた80’Sメタル。YOU TUBEで色々とクリップ観て、年寄りのごとく「昔は良かった」とノスタルジックに浸り、あれこれアルバム引っ張り出した中の1枚。
当時は”ボン・ジョヴィに見出されたバンド”として紹介されてましたねえ、シンデレラのデビューアルバム「NIGHT SONGS」。

実は当時、シンデレラに関してはクリップでしかチェックしておらず、当時は”向かうトコ敵無し”の勢いだったボン・ジョヴィ絡みの話題もそんなに食い付きはしなかった。理由は単に、当時は他にも聴くバンドが多かったという理由なんだけど(そりゃ当時はHM/HR系が大当たりした時代でしたからねえ)。

なので、アルバム買って聴いたのは2ndアルバムが発売された後。2ndアルバムの完成度の高さに舌を巻いた私は、音楽性が変わったと知りつつも1stアルバムも聴いてみようか...を手を伸ばしたのだけど、ブルージーな2ndと比べると明らかにルーツ(というかネタ元)がAC/DC+エアロスミスという分かり易いモノだった。オープニングの「NIGHT SONGS」なんか典型的なAC/DCスタイルだし、「NOBODY'S FOOL」は昔のエアロスミスっぽい雰囲気だし。

他にも「SHAKE ME」や「SOMEBODY SAVE ME」がシングルカットされ、アルバムはTOP10圏内をうろつくほどの大ヒットを記録。サポートしたボン・ジョヴィの功績も称えられたけど、当時の勢いならボン・ジョヴィのサポートが無くともいずれ世に出てきたのでは?と思わせるほどの楽曲の良さが光る1枚だと思う。

しかし、トム・キーファーは一体何処に?バンドは再結成を果たしたけど一向に新作は発表されないし、ソロアルバムも製作中と言いつつもこれまた詳細不明だし...ホント、そろそろ復活してくださいな...

「SHAKE ME」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=mdWh9IT_oZk

「NOBODY'S FOOL」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=nD3Hhzgqkrc&feature=channel

「SOMBODY SAVE ME」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=0qu15MxcCAU
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ARTWORK / WORK OF ART (2008)

BACK FOR THE ATTACK / DOKKEN (1987)

comment iconコメント

コメントの投稿