アート・ワークアート・ワーク
(2008/03/26)
ワーク・オブ・アート

商品詳細を見る


先週の土曜で仕事納めで、8日間の正月連休がスタート!
しかし、特にやることもなく元旦に実家へ帰り、翌日に友人と初詣に行くぐらいしかないので、何か他に...と考えたら、早速ありましたよ、東京へCD狩りという打って付けの任務が(爆)。

で、早速昨日行って1日掛けて新宿・御茶ノ水を中心に回ってきたのだけど、行く前に何かコレは...というモノはないか?とネット上をチェックしまくってたら、1つ気になるCDを発見。それが今回のワーク・オブ・アートのデビュー盤。
勿論初めて聴くバンド名で、今年の3月にこのアルバムは発売されており、ジャンルはメロディアスハード系。しかも北欧スウェーデン出身という事でコレは私のツボ直撃か?という期待に胸を躍らせ、まずはMY SPACEでチェック。

もう、1曲目の「WHY DO I ?」でやられましたよ...正にメロディアスハードと呼ぶに相応しい楽曲。スウェーデン出身という事で同郷のバッド・ハビットやエイリアンの様なタイプかな?と思っていたのだけど、その2組とは若干印象が違う。
MY SPACEには5曲紹介されており、前述の「WHY DO I ?」「ONCE IN A LIFETIME」「COVER ME」の3曲は一発でお気に入り。他の2曲も悪くない。

で、これを狙って早速ディスクユニオン新宿HM/HR店にて中古盤を捕獲。早速全曲聴いてみたのだけど、全体的な雰囲気はインナースリーヴや色々なトコのレビューで指摘されている様に、80年代後期のTOTOを彷彿とさせる雰囲気でボーカルも抜群に上手い。北欧のバンドらしくキーボードが要になっていてコーラスも綺麗なんだけど、実はメンバーはVo、G、Dsの3人のみ。
個人的にはもうちょっとエッジが強調されていた方がHRっぽくて良いかな?とも思うけど、このテの音楽ではこれで十分なのだろう(エッジを強調するとコーラスやキーボードが潰れててしまう?)。前半よりも後半の充実度の方が気に入ったかな。楽曲によってはAORっぽいモノもあるし。

インナー読んでたら、何とこのアルバムをリリースするのに16年も掛かったという話らしい。まあ理由は何であれ、こういうバンドが今の今まで埋もれていたというのがちょっと驚き。
今年聴いたアルバムの中でもかなり上位に食い込む作品だと思う。これだからホント、CD漁りが止められないんだよなあ...北欧メロディアスハード系をお探しなら、迷わずコレをお薦めします!!

MY SPACE↓
http://www.myspace.com/musicofworkofart
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE BELL AND THE HAMMER / THIS DAY & AGE (2006)

NIGHT SONGS / CINDERELLA (1986)

comment iconコメント

コメントの投稿