FC2ブログ

ハートランドハートランド
(1991/05/21)
ハートランド

商品詳細を見る


ハウス・オブ・ローズ、ジェイムズ・クリスチャン、ワーク・オブ・アート...と、ここ最近メロディアスハード系の音ばっか聴いているのだけど、そーいやこのバンドはまだ書いてなかったな...という事で、久々に引っ張り出して聴きました。イギリス出身のクリス・ウージィー率いるハートランドのデビュー作。

私がこのバンドを知ったのは2nd「WIDE OPEN」の発売時で、当時のBURRN!の輸入盤屋の広告に名盤扱いで長い間プッシュされていて非常に気になっていたのだ。
当時はちょっと話題になった作品だと直ぐに国内盤が発売されるハズなのに、このアルバムは何故か半年近くも国内盤が発売されず、その間西新宿の輸入盤地帯で探しても何故か売っておらず、結局大幅に遅れた国内盤をようやく手に入れる事が出来た...といういわく付きのバンドだったりする。

このデビュー作はポニーキャニオンだったか国内盤で発売されていたのだけど、プレス数が少なかったのか全く国内盤は見つけられなかった。
私が買ったのは、数年前にたまたまディスクユニオンに置いてあった怪しい輸入盤CD(笑)。リプロ盤(本物っぽく作ってある海賊盤みたいなモノ)では?という話らしいだけど、もうとっくの昔に廃盤だった訳だし、他に聴く方法がないのだから別に音が聴けりゃ良いや...ってな感じで購入したのだけど、なるほど、確かにこれはメロディアスハードと言い切れる内容ですな。

クリス・ウージィーの声質はエリック・マーティンにそっくりで、最初聴いた時は「え、本人?」と思ったくらいだ(実は当時ミスター・ビッグともツアーしたという)。そのエリックに似てるという事は歌が上手いという訳で、同じ英国出身のスティーヴ・オーヴァーランド同様ブルージーな歌唱を聴かせてくれる。
音もFMの1stを感じさせる爽やかな感じで、キーボードの使い方とかちょっと古臭くも感じさせるけど、今でも十分聴けるメロディアスハード系の良盤だと思う。

「REAL WORLD」クリップ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=yPKnrJiTLIo
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

REANIMATION / LINKIN PARK (2002)

MEET THE MAN / JAMES CHRISTIAN (2004)

comment iconコメント

コメントの投稿