ラスト・イン・ピースラスト・イン・ピース
(2007/10/03)
メガデス

商品詳細を見る


3連休も最終日、特に用事もなかったので隣町のブックオフ荒らし(注:暴れていた訳ではありません)を敢行。2枚ほど戦利品はあったものの、もうちょっと品揃えが豊富だったらなあ...と思う事しばしば。まあ、最近ディスクユニオンで漁ったばかりなので物足りなくなるのは致し方ないけど。

で、戦利品CDは後にレビューするとして、久々に激しいのが聴きたいなと思い、メガデスの一般的な最高傑作と称される「REST IN PEACE」を引っ張り出してきた。
ホントにアルバム全体で聴くのは久しぶりで、普段メガデスが聴きたくなると自分で作ったオリジナルベストを聴いてしまうので、普段は代表曲くらいしか耳にしないのだ。
ところがどーだろう、言わずと知れた「HOLY WARS...THE PUNISHMENT DUE」や「HANGER 18」以外の楽曲が異様にカッコ良く思えてくるのだから面白い。さすが最高傑作と称されるだけの事はある。
「SO FAR, SO GOOD...SO WHAT!」のレビューにも書いたけど、私は「SO FAR~」が最高傑作だと思ってる人なので、このアルバムは勿論好きだけど3rdほど聴き込んでいなかったんだろうなあ...
いかにもスラッシュな「TAKE NO PRISONERS」や、ほぼインストに近い「LUCRETIA」、ギターソロが素晴らしい「TORNADO OF SOULS」なんかは久々に聴いてもかなり熱く感じさせるし、「FIVE MAGIC」なんかは後のバンドの方向性を示すスタイルだと思わせるし。

しかし、このアルバムから参加したマーティー・フリードマンとニック・メンザの2人はホントに最高のプレイを残したと思う。デイヴ・ムステインの鋭いリフとマーティーの良い意味で聴きやすいソロが見事に融合しているし、ニック・メンザの激しいドラミングもそれまでのドラマー達との格の違いを感じさせる。やっぱ一番このラインナップがしっくり来る気がする。

でもこの時点で、マーティーが後にバンドを脱退して日本に来てタレントやるとは誰が思っていただろうか?バンド脱退はともかく、日本に来てTVの料理番組まで進出するとは全く思わなかったけど、マーティーはいつかHMを辞める時が来るのでは?と最近は微妙に思い始めてもいたりする...

「FIVE MAGIC」サウンドチェック時(ニック・メンザのドラミング!)↓
http://jp.youtube.com/watch?v=KVV-HU0BM-Y

「TORNADO OF SOULS」ライブ1992↓
http://jp.youtube.com/watch?v=6ExMh2NMr3Y&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

...AND JUSTICE FOR ALL / METALLICA (1988)

REANIMATION / LINKIN PARK (2002)

comment iconコメント

コメントの投稿